こんにちは、新築 高利回り大家の比嘉です。

 

さて、「大手の50%で新築を建てる方法」

のその2を更新します。

 

その1も多くのレスポンスを頂けてうれしいです。

グッド評価も、バッド評価もどちらもありがたいです。

 

 

建築会社にアパート用地に来てもらおう!

 

前回の話しで45社くらいに電話をして、

ローコストアパート建築に協力してもらえそうな

会社とアパート用地にて待ち合わせをします。

 

だいたい2/3には断られるので、

来てもらえるのは1/3、つまり15社くらいです。

 

その際、基本、こちらから訪問するでもなく、

向こうから来てもらうでもなく、

アパート用地で待ち合わせするのが一番です。

 

なぜなら、10数社と会うので、移動の時間、手間がかかるからです。

 

私は10時、11時、12時、13時、14時、15時と

一時間ごとに来てもらって1日に5~6社と会うようにしました。

 

それでも3日間かかりました。

 

 

建築会社が考えていることを理解しよう!

 

まず、自分の要望、希望を伝える前に、

相手の気持ちを考えなければなりません。

 

では、面談しに来る建築会社は何を考えているかというと・・・

 

「1 度きりの取引で素人施主から

いかに多くの利益を獲るか」

 

もうこれのみです!!!

 

さすがに「これのみ」は言いすぎましたが、

建築会社が素人の施主に対して

考えていることは「いかに多くの利益を獲るか」を真剣に考えています。

 

だから、すごく人柄の良さそうな建築会社であっても、

ボッタクリに近いような見積書を出してきます。

 

 

建築会社の初回面談で話すこと

 

だから、建築会社には下記のように思ってもらう必要があります。

「この人は何度も発注してくれそうだな」

「うまく行けば紹介してもらえるかも」

「利益ではなく、安いものを使ってローコストにしようとしている」

「詳しい、騙せない。面倒だけど、筋の通った玄人だ」

 

そこで、現場では下記のような話しをします。

 

「私は不動産投資家です。この土地を購入する予定があります。

ここに新築アパートを建築するので、施工会社を探しています。

だいたい〇〇万円で建てたいと思っている。

すごく良いものを使ってその金額とは言いません。

水周りや外壁など、極力、安い素材を使って工夫を凝らして、

〇〇万円でも御社にとって利益の出るアパート建築に協力してもらいたい。

それができれば、年1~2棟はアパートを建築する予定があります。

さらに、私の不動産投資家仲間も紹介できます。

1棟目は手間が多い割に利益は少ないが、

2棟目以降は楽になると思うから、協力してもらいたい」

 

上記の言葉に加え、具体的にどういった建築を予定しているのか、

どうやってコスト削減をするのかを紙にまとめ、渡します。

 

その上で、見積もりを依頼します。

 

この時点で半分くらいの会社に断られるので、

15社中、見積もりを出してくれるのは7~8社くらいだと思います。

 

断られる理由としては

「直契約だから利益たっぷり乗せようと

思ったのに、この施主にはできない」

と思われるからです。

 

これはもう仕方がありません。

 

見積りを出してくれた7~8社の中で選んでいきます。

 

 

さて、次回は見積もりを
「見積もりを出してくれた会社から、最良の会社を選ぶ方法」

についてです。

これからもコラム、頑張ります。