こんにちは。戦慄大家です。

 

前回のコラムで、自らも営業することでポツポツと再起2号物件の内見が増えてきたところまでお伝えしました。

 

不動産投資は賃貸経営事業

 

結局のところ、世間でいうところの不動産投資とは、不動産賃貸経営事業です。

 

自らの手足を使って動き、様々な方法でご協力を頂く仲介業者さんとの繋がりを築いていくしかないのだ、と今回の経験をとおして身を以って体験しました。

 

賃貸の世界でいう繁忙期がもう間もなく終了しつつある今、空室にお悩みの大家さんがおられましたら、私の経験をとおして、お伝えしたいことがあります。

 

それは、

 

基本に忠実に、自ら本気で営業しましょう!!

結果は必ず出ます!!

 

ということです。

 

何だ、と思われた大家さんもおられるのではと思います。でも以外と、空室のある大家さんに限って自ら営業していなかったりするものです。

 

入居付の活動を本気でしていれば必ずいつかは結果がついてきます。

戦慄大家のケースもそうでした。

 

なかなか反響がない時期もありました。

 

「酷かもしれませんが、再起2号物件には全く問い合わせがないですね」

 

と言われたこともあった程、全く物件の問い合わせすらない状態の時期もありました。

 

一時期はこのまま、1室も入居しなかったらどうしよう、とかなり悩み、不安に駆られた時もありました。

 

それでも、自らを鼓舞し、自らを信じて、愚直なまでに営業活動に時間を費やしました。

 

その結果、ついに先月末の時点で再起2号物件が、念願の満室、となりました!!

 

自らの足を使って苦労して営業しただけに、達成感とともに、ほっとした安心感に満たされました。

 

この場をお借りして、入居付にご尽力下さいました各仲介会社様、営業担当の皆様に感謝の意を表したいと思います。本当にありがとうございます。

 

その過程ではかなり苦労しましたし、胃の痛くなる日々もありました。

 

それでも、このつらく不安でいっぱいだった経験は、結果的には報われましたので、本当に良い体験となりました。

 

数多くの学びを、身を以って経験したので今後、忘れることはないでしょう。

 

と最後はカッコよくハッピーエンドで締めたかったのですが、、、

 

実は何を隠そう、現在進行形でさらにもう1棟(再起3号物件と名付けます)、ゼロ室からのスタートで入居付しなければいけない物件があり、この再起3号物件と未だ格闘中の戦慄大家です。