こんにちは、新築 高利回り大家の比嘉です。

 

首都圏 新築大家の会でよく聞かれる質問が

「人口減少するのに新築アパート建てていいの?」という質問。

 

なぜ、人口が減るのに新築を建てるのか?

既に日本の人口減少は始まっており、

2025年には東京でも人口減少が始まると言われております。

そんな中、新築マンション・アパートができるわけですから、

日本全国で空室率が当然、上がっていくわけです。

 

そんな中、「人口減少するのに新築アパート建てていいの?」

と聞かれるのは当然と言えば、当然ですよね。

 

結論から言うと、下記の通りです。

「どんな新築かによる」

↑当たり前すぎてすいません。

 

日本全体で人口減少が起ころうが、

エリア入居率が高く、今後も急激な減少しないエリアで、

高齢化社会にも競争力を失わず、高利回りならアリです。

 

むしろ、築年数と空室率は比例するので、

「人口減少するのに築古買っていいの?」

の質問の方が適当だと思います。

 

どちらも人口減少の影響は受けますが、

新築・築浅の方が競争力が強いため、

若干ではありますが、その影響は小さいと考えています。

 

勝率が下がる不動産投資に参戦する?

 

数十年前からつい2013年くらいまで、

不動産投資は非常に勝率が高い投資だったと思います。

ただ、今後はその勝率が年々、下がるだけって話です。

 

今迄だったら、

100人やって10人が負け組、20人がトントン、70人が勝ち組だったのが、

これからは

100人やって40人が負け組、50人がトントン、20人が勝ち組っとなっていきます。

 

そして、今後も市場が小さくなるので、当然、

より負け組が増え、勝ち組が少なくなっていきます。

これは4~5年の流れではなく、少なくとも30~40年は続く、

もしかしたら、100年以上続く流れかもです。

 

築古、新築に限らず、

『不動産投資自体が厳しい』って話です。

 

トップ3%になる自信があれば、やればいい

そんな中でもなぜ、不動産投資を続け、今後も続けるつもりなのか?

 

それは、

「不動産投資家の中でトップ3%になる自信があるから」

です。

 

物件選定、購入交渉、客付け力、管理力、

再生、融資、学習力など、

いわゆる大家力と言われるものは色んなファクターがありますが、

その総合力でトップ3%になるだけの自信があるからです。

 

逆にその自信がない状態で不動産投資はしないほうがいいです。

 

やるなら、すぐに100冊くらい本を読んで、

休みの日は物件検索や、不動産会社周り、交渉に当てて、

忙しくてもやり抜く覚悟があればやればいいと思います。

 

逆に失敗は取り返しのつかない事態を招くので、

中途半端な参戦はオススメしません。

ありがとうございました。