こんにちは、新築 高利回り大家の比嘉です。

Barで潰れました。

お酒、弱いほうじゃないんですが、ブランデー5~6杯飲んだ後、

締めにアブサンというアルコール度数70%のお酒で撃沈でした。

 

いやーー、一年ぶりに潰れましたわ笑

 

ということで酒に潰れたし、本日はネガティブな話しを。

 

新築 高利回り大家を名乗るくらいなので、

「新築投資いいですよ」

と言っている私ですが、

「新築投資やめとくのもありですよ」

って話をしようと思います。

 

建築コスト、明らかに高騰中

今、6棟目の建物企画について、建築会社と

あーでもない、こーでもないと打ち合わせをしています。

 

もう比較的、慣れていることではあるんですが、

今迄の違いとして、やはり建築コストが上がっています。

 

例えば、3%建築コスト上がれば、
2500万円だったはずの建物が75万円のコストUP!

5%建築コスト上げれば、
125万円のコストUP!

でも、インフレでも、デフレでも
家賃というのはあまり値動きしないため、
単純に利回りが下がります。

 

 

中古物件の利回りは融資に大きな影響を受けますが、

新築物件の利回りは物価に大きな影響を受けます。

 

この1~2年でも建築資材、人件費、燃料費が上がっています。

2016年のガソリン代、106円/Lですからね。。。

 

待つのも相場

投資の格言で大好きな言葉で

「待つのも相場」

という言葉があります。

 

投資家というのは常に投資をしたくなるものですが、

一流の投資家は相場が良くない時に

「待つ」という選択ができます。

 

どのタイミングで来るかわかりませんが、

少なくとも今のペースで今後何年も新築が建ち続けるとは思えません。

 

今は建築業界が明らかに活況であるため、

価格交渉等もうまく行かないことも多いです。

 

つまり、新築を行うには冬と言っても過言ではありません。

今、新築アパート投資に興味を持っている方も多いと思いますが

焦らず「待つ」と選択することは賢い選択の一つだと思います。

 

逆境は成長のチャンス

もう一つの大好きな格言で、

「逆境は成長のチャンス」

という言葉があります。

 

状況が厳しい時にしっかり取り組むことで、

自分自身が成長する。

そのことによって、相場が良くなったタイミングでは

大儲けできる自分になることができます。

 

私はどちらかといえば、こっちに賭けています。

 

6棟目は1~5棟目より建築コストが上がったことで、

より厳しく、より細かく、

コストカットに創意工夫することができました。

 

そのことで、新築投資家として成長できたのは間違いありません。

 

「待つのも相場」

「逆境は成長のチャンス」

取り組み方によってはどっちも正解にできます。

 

真理を突いた深い言葉なので、

しっかり胸に刻み、選んだ道を正解にしましょう!

 

 

それでは、胃薬飲んで、もうちょっと休憩します。

 

二日酔いにしては良い記事だったのではないでしょうか笑

読んで頂き、ありがとうございました。