自動運転サブリーススタイルで繁盛期も閑散期も特に何もすることのない私の不動産投資ですが、おかげで余った時間でいろんなことを考えることができています。

投資に関してはlivedoorショック以降離れていた株式投資を再開しました。

またその少し前から、つみたてNISAとiDeCoを開始しています。

株式投資に関しては、簿記の資格を取ったおかげで、B/SやP/Lが多少読めるようになり、以前よりも深く考えた上での投資が行えています。

つみたてNISAは完全にINDEX投資です。利益よりもINDEX投資を肌で感じるために始めてみました。

iDeCoに関しては節税目的です。掛金全額が所得控除の対象というのはかなり大きいです。

この辺りの分散投資はファイナンシャルプランナーの資格を取る過程で得た知識によるところが大きいです。

そして先日、初のファンディングを行いました。

きっかけは、某有名ポータルサイトのトップ記事でした。ある若手起業家が、新しい事業を立ち上げるにあたって、クラウドファンディングサイトを通じて資金調達を行うという記事でした。

いままで、サービスを対価としたクラウドファンディングに出資したことはありましたが、いわゆる非公開株に対する出資は初めてのことで、リターンがゼロの可能性に加えて、出資金すら戻ってこないリスクはなかなかしびれるものがありましたが、新規事業への興味と、若手起業家を応援する気持ちから出資を行いました。私にとって初のファンディングです。

ファンディング開始は4日後だったので、ポータルサイトで記事を見てすぐにファンディングサイトに登録を行い、その3日には本人確認を済ませ、無事にファンディング開始に間に合いました。

1600万円の資金調達目標をわずか1分たらずでクリアし、上限となる5000万円の資金調達も5分とかからずに達成するという超スピード案件でした。

もし投資した企業がIPOすれば、投資資金は何倍にも膨れ上がるでしょうが、途中で頓挫して倒産ともなれば投資資金は戻ってきません。ハイリスクハイリターンです。

自分の性には少々合っていませんが、分散投資という意味ではこういう投資もありなのかなと考えています。

不動産投資とは全く関係のない話ですが、みなさんに感じる何かがあればと思い、近況報告を兼ねて記事にしてみました。

非不動産投資の話は受けが悪いので、悪いね評価をたくさん頂きそうな予感。