こんにちは、サラリーマン大家のTAKAです。

少し間が空いてしまいましたが、子供を寝かしつけていると自分も寝てしまうという罠に連続ではまってしまったことによるものです。

さて、何回かに分けて固定金利の動向ということで、コラムを書いてきましたが、固定金利でお金を借りる際の注意点について最後に書いていきたいと思います。

1.違約金

固定金利で融資を受ける場合には、大抵の場合には違約金が発生します。過去のコラムのコメント欄でもご指摘いただきましたが、例えば、物件を途中で売却するつもりの場合には、違約金がいくらかかるのかということを十分に把握しておく必要があります。

違約金の金額については、金利環境(通常は変動金利が下がると違約金は上がります)や金融機関の違いで大きく異なります。

また、違約金には、銀行に生じるコストのほかに、銀行が将来得られるはずであった利益が上乗せされていることがあるので、利益部分であれば交渉次第では減免してくれる可能性があります。

2.トータルコスト

金利が上がる上がるといわれつづけたものの、それほど金利はあがらずに、マイナス金利に突入しているというのが現状です。

通常は変動金利の方が安く、固定金利の方が高いため、借入の期間を通して、いつ固定化するのか、それとも変動金利のまま借り続けるのかといったことを判断する必要があります。金利環境さえ変わらなければ大分変動金利の方が安いので。

例えば、短期に売却の可能性があるのであれば、借入期間の金利上昇のリスクはあるものの、金利が上昇する前に売り抜けられればよいので変動金利が良いと思われます。

逆に一定期間の保有を前提とするのであれば、固定金利であれば金利上昇リスクを考慮しなくて済むので安心して不動産経営に注力できます。

3.おわりに

貸出の金利は、ゼロ以下にはならないので、ゼロに近い今が底といえると一般には考えられています。

そのため、変動金利で借りている方はやはり金利を固定化しておくか否かをしっかりと考える必要がある局面だと感じています。

しかし、あくまで個人的な見解ですが、変動金利が上がるといっても結局のところ、今の固定金利の水準に上がるまでには相当の時間がかかる(いったん上がってまた下がる可能性もある)のではないかと思っており、もし変動金利が上がり始めたとしてもあまり焦らずに少し様子を見てもいいのかなとも感じています。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

(もし、ご質問等があれば、コメントいただければ極力回答しようとは思います)。