こんにちは、サラリーマン大家のTAKAです。

本日もちょっとしたマネーの知識としてコラムを書いていきたいと思います。

本日は少し前のコラムでご質問があった「融資の条件として、定期預金を作ってくれますか?」という点について書いていきたいと思います。

1.融資の条件

金融機関から融資を受ける際には、融資審査による条件がつく場合があります。

例えば、不動産であれば、融資の対象となる物件に抵当権を設定せよ、火災保険に質権を設定せよ、といった担保に関するものがあります。

また、新築物件への融資の場合には、融資の実行は土地と建物の決済時に分割して融資せよといった融資の時期に関する条件などに関するものもあります。

このほかには、金融機関から融資を受ける際に、「定期預金や積立預金の作成が条件です。」といわれるということを聞いたことがありますが、これは本当に融資の条件なのでしょうか。

2.かぼちゃの銀行の報告書

かぼちゃの銀行の経過報告には、定期預金などについてこんな趣旨の記載があります。

・定期預金や積立定期預金は、将来的な修繕費用の備えとして提案したもの。

・フリーローンについては、お客さまにお願いして契約していただいたもの。

 

ポイントは、「提案したもの」「お願いして契約したもの」という点です。

融資の際の定期預金の作成やフリーローンの契約はあくまで融資の条件ではなく、お客さまに提案したうえで任意に契約してもらったものというスタンスです。

必ずしも金融機関だけの話ではありませんが、一つの取引の条件として別の取引を行わせるというものはかなりグレーな取引だといえます。

定期預金を作らせる場合には、歩積両建預金とよばれ、金融機関を監督する金融庁の監督指針にこれが良からぬ旨が記載されています。

また、優越的地位の乱用ということで、法に触れるおそれすらあります。

すべての金融機関がどれほどこれを遵守しているのかを検証するすべはないものの、個人的には融資の条件として定期預金を作れなどといったものは、金融機関の正式な内部手続上の条件ではないと思っています。

3.そうはいっても

そうはいっても、定期預金の作成を断るといった場合には、融資を受けられない可能性があり、正式な条件ではないとわかりつつも定期預金を作成せざるを得ないといったことが実態ではないでしょうか。

定期預金などであれば、融資を受ける側の多少の負担になるかもしれませんが、実害は少ないものの、例えば投資信託などのリスク性商品が条件ですなどと言われた場合には、少し注意が必要であり、場合によっては、その金融機関の本部の相談窓口などに相談してみてもよいかもしれません。

4.おわりに

少し問題だと感じているのは、定期預金の作成を条件とすると説明するに問題があるということをあまり理解していない金融機関の担当者が多いということです。

素晴らしい金融機関の担当者がたくさんいる一方でダメな担当者もたくさんいます。必ずしも素晴らしい担当者が出世するわけではないというところが金融機関の闇だと感じる今日この頃です。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

(もし、ご質問等があれば、コメントいただければ極力回答しようとは思います)。