いつもコラムをお読み頂きありがとうございます!

 

戸建の入居者さんは主にファミリーです

しかも30~40代のファミリーが私の物件の場合は一番多いんですね

 

この位の世代と言うのは

団塊の世代の子供の世代

つまり団塊ジュニア世代なんて言ったりもします

 

ですから団塊の世代同様に人口が多いターゲット層になるんですよね

戸建はこの人口の多い世代からのニーズがあるという事も

客付けしやすい理由なのかもしれませんね

 

私もこの団塊ジュニア世代になります

ですので団塊ジュニアの傾向は良くわかります

 

団塊ジュニア世代の一つの傾向として

デザイン性を求めるというのがあると思います。

 

結構年代の古い人はそこまでデザインとかファッション性に

こだわらない人が多いですが

私の周りもそうですが団塊ジュニア世代の人と言うのは

インテリアとかファッションを意識する人が多いです

 

最近〇トリ、I〇EAなんかは盛況ですが

安価でもデザイン性をかなり重視した商品が売られています

デザイン性が求められる時代になってきているんですよね

 

昔はホームセンターなんかはオシャレな感じは全くありませんでしたが

最近はホームセンターに行くと

デザイン性を意識した商品なんかも結構売られていますよね

 

ですから賃貸物件もデザイン性を意識した内装にしないと

客付け時の物件の反応率は悪くなってしまうと思います

 

しかしお金をたくさんかけてリフォームをやってしまうと

今度は修繕費が収益を圧迫してしまい利益が出なくなってしまいます

 

しかも地方では取れる賃料のボリュームゾーンが決まっているので

尚更費用対効果の高いリフォームを選んで行う必要があるんですよね

 

例えば

襖紙ですね

襖紙もオシャレな物があります。若干価格は高くなりますが

部屋の雰囲気はかなり良くなりますね

 

あとはアクセントクロスも効果的だと思います

部屋のオシャレ度がグッとアップしますね

これも少し価格は上がってしまいますが取り入れた方が良いですね

 

 

そこまでお金をかけなくてもできる

オシャレなリフォームも色々あるので

取り入れてみると良いと思いますよ

 

最後までお読み頂きありがとうございました(^^)