不動産投資は難しい投資です!

「不動産投資を始めたいが、周りに相談する相手も少なく、なかなか物件購入の決断ができない」人のためにというお題をいただいたので書いてみます。

なお、初めて購入した物件について書いて欲しいということでしたが、物件購入の話の前にいくつか大切なことがあるので、そちらを書いてみたいと思います。

僕は物件をなかなか買えなかった悲惨な経験を持ち、この経験を伝えたくて情報発信しています。お題といいタイミングといいちょうど良い時に楽待さんからお誘いをいただきまして感謝です。

それはさておき、タイミングといえば、最近、不動産を売却しました。

ひとつの投資を終えたところですが、不動産投資をやってみて本当によかったと思っています。しかし同時に不動産投資は難しい投資だと自分の理解をあらためました。

やってよかった点はこれからお伝えしていく予定です。こちらは一旦置いておきます。

不動産投資は難しい投資だと理解をあらためた点について最初に書いていきます。

僕は不動産投資は簡単だと思って始めました。簡単というかリスクが小さいと判断して投資を始めました。その僕が「不動産投資は難しい」と思うに至った点をお話したいと思います。

 

 

長期で投資を完成させる難しさがハンパない

未来を予想するなんて、普通できヒンや〜ん。そんなこと・・・

いつもいつも不動産投資を始める方にはシュミレーションが大切だとお話ししています。しかし、現実はシュミレーション通りにいかないことも多いです。

ちなみにリスクとデメリットは違います。

リスクとは『不確かさ』ですから、起こると予想できないものです。

デメリットとは予想できるものであり十分対応が可能です。不動産投資における大半はデメリットであり対応ができます。事実、デメリットについては物件所有期間においてすべて対応できました。

本当に怖いのはリスクです。長期で投資を継続する不動産投資は、この『不確かさ』を長期で保有することです。それだけリスクに遭う可能性が高くなるわけです。

突発的な不運な方の出来事に耐える力がない者にとっては非常に難しい投資だと実感しました。

僕は幸い一発退場的なリスクに見舞われることはありませんでしたが、真綿で締められるようなジョジョにくるやつにはいくつか見舞われました。
 

 

リスクに耐える力を持つ!

ちなみにですが、リスクに耐える力を持つにはどうしたらいいでしょうか?

安く買う、良いものを買う、安く買う、良いものを買う、安く買う、良いものを買う、

んな〜こた〜わかってますよね。で、そんな物件がなくて困ってますよね。誰だって安くていいものを買いたいです。

でも本当に大切なのは不動産以外の収入を持つことだと確信しました。

僕は思いもよらずサラリーマンをやめることになりましたが、定期収入がないストレスはかなりのものでした。あ、いまも継続中です(笑)。これは空室よりも精神衛生上よくないです。

ですから僕は安易にリタイアとか脱サラとかすすめません。というか、リタイアできてもしないほうがいいと思ってます。不動産投資(賃貸経営)だけの収入にしない方が絶対にいいです。

ちょっと話がそれましたので戻して結論です。
 

 

未来は誰にも予想はできません。

長期で取り組む不動産投資は、その間にリスクが出現する可能性が高くなるで、とても難しい投資です。そのことをしっかりと認識して不動産投資に取り組むべきです。