みなさんこんばんは。レンジくん@富山です。自分にとってはホットな話題をお届けします。

一昨日サボっていた地元の中古戸建を検索していました。近頃新築のアパートに気を取られて、以前はほぼ毎日ルーチンにしていたのですが、ここ二ヶ月ほどご無沙汰していました。買える財力とモチベーションが無いと検索にも力が入らないですね。

 

その物件検索の中、自分にとって「ををっ!」っと思える物件を探しあてました。かなり築古の戸建ですが、10年程前にリフォームしてあり、少し前まで賃貸していた物件とのこと。Kの新車+アルファの価格なのでしくじっても転売か自己所有でいけんじゃね?と思い、売り元の業者さんにメールで問い合わせました。

本当は電話で問い合わせようかとも思いましたが、もう夕方ですし誰もお気に入りに登録していませんでしたので、ズボラかましました。この業者さんはマメな方で当方の問い合わせメールに対し数時間後に回答していただきました。ホトケのような指値はやんわり断られましたが(笑)。しかし、問い合わせに全く答えてくれない業者さんもいますので、好感を持ちました。

 

翌朝その物件が気になって件のHPを開くとお気に入り登録が一日で7件になっていました。田舎の物件にあってはかなりな注目を集めていました。これは不味いと思い、再度売り業者さんにメールで購入意思がある事、本日内金を持参しても良いので一番手を確保して欲しい事を伝えました。

会社に出勤してもどうも気になり、始業時間からしばらくして件の業者さんに電話をしました。「もしもし、メールでやりとりさせていただいてますレンジくんです。○○町□□□万円の売り戸建ですが…」と話し、本日は売契に貼付の印紙代を持参すれば、買付け一番手の地位を確保してもらえるとの話でまとまりました。

 

昼食時間に会社から車で5分位の件の業者さんの事務所を訪問しました。お昼時でしたが嫌な顔もせず、物件のマイソクと買付申込書を用意して待っていて下さいました。私も時間が無いので挨拶もそこそこに申込書に必要事項を記入し、申込金を預け、書類の控えを頂戴しました。明日午前9時半、現地集合で案内していただけるとの事。買付け一番手の地位を確保です。築古の戸建の価格に積み増してまで購入しようとする人はいないとは思いますが…。

 

明日は、新築アパートのゴミ箱設置、1点掛けフックの取付け、階段マットの敷設、工事用のキーの受け取り、そして築古の戸建の内見、あとは客付業者さんと打ち合わせでしょうか。なんか本業より忙しい気がします。気のせいでしょうが(笑)。

 

まだ決済が完了した訳でもありませんが、物件検索を怠らない事は本当に大事だと思いました。タッチの差で残念な思いをした事も何度もあります。一度は金融機関さんも巻き込んでの争奪戦に敗れ、その金融機関さんから出禁になりそうになりました。今更ながら検索のルーチンは欠かさないようにしようと思いました。何年か前は1日2~3回物件検索をしていましたが、最近は喉元過ぎれば何とやらで楽な方に流されていました。反省です。

 

今回も埒も無い話にお付き合いいただき、ありがとうございました。次回はこの戸建購入なるか?についてお話しします。重説もまだなので少し時間はかかると思いますが。よろしければ またお付き合い下さい。

因みにさっきこの戸建のお気に入り登録を見ると15件でした。