皆さん、こんにちは!小林尚美です。
 
この夏の激しい気候と自然災害にはただただ驚愕するばかりです。
 
昨日所有物件を見に行き、変わりなくそこに建っていることに感謝したい気持ちになりました。
 
おかげ様で所有物件すべて満室のため、4月以降ほとんど手のかからない状況で夏を迎えています。趣味のゴルフにも熱中しています!?
 
 
 
ところで私は、物件の賃貸契約を2年契約に限定していません。
以前もコラムでご紹介しましたが、2年契約のほかに短期賃貸にも取り組んでおります。
 
アパートの1Kのお部屋をマンスリーから貸し出しており、短期、中期、長期のどのお客様にも対応しています。
 
そうすることで、一般的に繁忙期と言われる時期を過ぎても、常に様々な需要があり、条件の合う方に借りていただいている次第です。
 

入居者が物件を探し出して借りてくれる!

募集方法は、管理会社さん経由でお願いすると同時に、自分でもインターネット上の複数のサイトや、近隣の大学に登録させていただくなどしています。
 
これで、色々なところから入居希望者のお問い合わせが定期的に入るようになります。
 
すると数か月後の空室予定にも予約が入るようになり、空室期間はほとんどなく運営することができている状況なのです。
 
 
うちのように単身者用のお部屋の場合、ターゲットとなる若い世代の方々はスマホを駆使してお得な情報を探し出す能力に長けています。
 
ありがたいことに、私が出した募集広告を見つけ出して、向こうから問い合わせをくださいます。
 
 
今はネット上での募集手段がいくつも存在しますが、誰も見なければ何の意味もありません。それなりにSEO対策が必要です
 
最初から凝ったHPなどは作らず、お金もかけず、まずは既存の募集サイトでもブログでも良いのです。
 
サーチでヒットしやすいサイトの力をお借りして、その中でさらに自分でも工夫すること!(この件は書くと長くなるので、また今度にします。(^^♪) 
 
 
もちろん、自分で募集してその上短期賃貸となると、数か月単位で入退去の動きがありますので、本業のある忙しい大家さんには難しいかもしれません。
 
ただ、時代は目まぐるしく移り変わり、今は誰でもまずスマホ一つで情報を得ようとする時代。
 
不動産の賃貸も、より簡単に、世の中にマッチした方法やサービスの提供が求められ、もっと大きく変わってくる日も近いかもしれないと思うのです。
 
 

物件はフル稼働させたい!!

空室は管理会社さんにお願いすれば埋めてもらえるのですが、次の入居までの間、たとえ繁忙期でも空室期間が出てしまう場合があり、これだけはなんとかしたいと考えました。
 
私は単純に、持っている物件は年間通してフル稼働させたいのです。
 
大家さんなら、皆さんそうじゃないでしょうか?
 
ちなみに、管理会社経由での募集はなかなかの好条件で、この春も2部屋決まりました。私としては、満足できる条件ですし素晴らしいと思います。
 
 
しかし、ここからさらに上を目指すには、大家自身の努力も必要!?
 
ネットの募集サイトによっては、SNSのようなノリで気軽に質問のメッセージをくださるケースもあります。
 
それが悪いのではなく、その中にも本気度の高い顧客はいるわけで、この手のお問い合わせは、とにかくスピード感が勝負だと思っています。
 
お部屋を借りるまでに、オーナーとの間に何社も入っていて必要以上に時間やお金がかかるようでは、ビジネスチャンスを逃しかねない? 
 
 
そして大家としては、優良な入居者様にぜひ借りていただきたいですので、このやり取りの段階で、非常識な方や、連絡が取れない方はNGとなります。
 
反響が大きければ大きいほど、色々な方から問い合わせがあり、その中から信頼できると判断した方と、私は必ず面談の上契約させていただくことにしています。
 
 

短期賃貸に閑散期はない!

そもそも私の場合は、空室対策として短期賃貸や直接募集を取り入れていますので、できるだけ長期で借りていただくほうが大家としては助かります。
 
特に閑散期、退去から次の入居までの間隔があくようでは困ります。
 
たとえマンスリーで1ヶ月だけの賃貸だとしても、ちょっと手間が増えますが空室が増えるよりずっと良いですし、ホテル業のように、毎日色々なお客様をお迎えするわけではありません。
 
それに、うちは1ヶ月だけの方はほとんどいらっしゃいません。
エリア的なものかもしれませんが、短期は半年以上、1年以内の方が多いです。
 
繁忙期も閑散期もなく、1年中需要があります。
春はもちろん、夏も、秋も多いです。お盆休みなどは特にお問い合わせが増えます!
 
結局この方法で、この春から夏は退去がなく、当分満室のまま乗り切れそうです。
 
 

首都圏の短期賃貸、客層はこんな人たち♪

都心の物件でなくても、都心に通える物件であれば十分短期の需要があります。
 
うちの神奈川のアパートも、少々郊外ですが一応都心から1時間圏内。その程度でも都心に通う短期希望の方の需要がかなりあり、驚いています。
 
春の繁忙期を過ぎて、賃貸業はすっかり閑散期?と思われがちですが、ちょっと目線を変えると違う客層が見えてきます。
 
たとえば今年、4月になってお問い合わせをいただいた方で目立ったのが、予備校に通うため地方から上京する学生さん
 
賃貸期間は来春の受験シーズンまで、10か月ぐらいの予定ですので、短期賃貸にヒットします。
 
また、海外の大学に留学予定の学生さんも、日本と受験シーズンが違う関係で、この時期から数か月希望される方がいらっしゃいます。
 
7月のお問い合わせでは、秋の資格試験のためのセカンドハウスとして利用、という方や、海外から夏季の間だけ親子で里帰りのため、という方がいらっしゃいました。
 
 
 
ちなみに私の不動産投資法は、ローンしないでキャッシュで投資する方法です。
 
満室のため、早めにお問い合わせいただかないとお部屋の数に限りがあり、お断りしなければならないことが多いです。
 
どこまでもリスクを取りたくない私は、まず手持ちの物件を100%活用して資金を増やし、急がないでゆっくりと事業拡大していければ満足です♪
 
 
皆様の参考にしていただければ幸いです。
 
それでは次回まで元気で!