「3連休ずっと仕事ってブラックかよ、、」
と思いながら仕事しています。(笑)

 

本日は少し趣旨を変えて
皆様に聞きたいことがあったのでコラムにしてみました。

 

1.public space 付きアパートメントってありますか?

無知で申し訳ございません。

シェアハウスとは違い
それぞれの独立した部屋(もちろんバス・トイレ完備)がありながらも
共有スペースを確保して運営しているアパートってありますか?
(あるのかどうか本当に知りません)

 

もしあるのであれば
共有スペースにコンセプトを持たせることで
コミュニティー形成の場になっているのでしょうか?

 

私自身が考える
現存するpublic space 付きアパートメントの一つの行き着く先は

老人ホーム

なのかなと思います。

 

コンセプト型シェアハウスの一つの行き着く先は

グループホーム

なのかなと思います。

 

上はご老人を
下は精神疾患の方を
対象に運営されています。

 

国からの補助も出て
社会に貢献もしていて
ビジネスモデルとしては素晴らしいと思います。

 

もっとコンセプトを打ち出すアパートがあってもいいのでは?

 

2.どうしてそういったことを考えるようになったのか?

えーと、、、
私、発達障害の方と仕事上関わることが多いんですね。

 

彼らは「障害」と名はつくものの

尖った個性

を持っているために社会で大変な思いをして生活をしています。
私は、彼らは「病気」とは全く思っていません。

尖った個性を持った素晴らしい人たち

と思っています。

 

世の中で大成している方々にも
こういった「個性」をお持ちの方はたくさんいます。

 

ただ、人と違って
「敏感(繊細)」「枠組みを大事にする」「強すぎるこだわり」
「相手の意思を推し量るのが苦手」「空気が読めない」

などなど、社会で生き辛い思いをしているんですね。

 

でも本人たちは「生き辛さ」の本質を知らずに
ただただ
・転職を繰り返したり
・社会で肩身の狭い思いをしたり
して過ごしています。

 

自分たちのしんどさを理解してほしい

 

彼らは「診断」を受けた時に
「理解されてこなかった」ことが「理解された」ことで
涙を流したり、すっきりとしたような表情をされることがあります。

 

「上に書いたような思いを彼らは抱いているのではないか?」
と私は常々思っています。

 

そんなこんなで

「そんな困難を抱えた人たちが集まって、お互いを理解し、支え合う
public space 付きアパートを作れたらいいんじゃないの?」

と思うようになったわけです。

 

ただですね、、
彼らはこだわりや枠組みが強いため

シェアハウス形態はしんどい

んですよ!!

 

と、いったことから
誰かそういったアパートを運営されている方がいらしたら
コメント下されば嬉しいです!!

 

3.慈善事業ではないのですよ

そう、、
思いがあっても事業性の伴わない慈善活動
になってしまったら、元も子もないのです。

 

部屋の1室や2室を「public space」に作り変えて
収益はどうすんの??

 

その通りです!! 

どうしたらいいですかね?

 

 

・3階建木造APじゃないと収益は上がらないかなー
(2階建は絶対無理そう)
・築古じゃないとそもそもCFが回らないよなー
というか全空物件とかありじゃない!?
・でも作り上げたら古さとか関係なしの競争力ありそうだなー

 

とかとか妄想しています。

 

教えて!!◯ロい人!!

(いつか作りたいのです!!)