こんにちは。

 

みなみのていおーです。

 

三連休色々とエンジョイさせていただいてました。

 

相変わらずiPhoneでの投稿なので読みづらい文面お許しを。

 

私の尊敬する埼玉大家さんが3点ユニットのコラムを書かれていたので本日は私の考えを書いていきたいと思います。

 

何を隠そう。

 

私の所有物件、全て3点ユニットでございます。

〔今買付入れてる物件ももちろん3点ユニット〕

 

 

…コイツ頭大丈夫か!?((((;゚Д゚)))))))

 

 

そんな声が聞こえてきそうですがいたって正常です。笑

 

去年1年間で合計6戸退去<さすがに重なりすぎて焦りました>しましたがほとんど1ヶ月以内にご入居いただいております。

 

1戸だけ2ヶ月かかりましたが閑散期だったため上々の出来かなと思います。

<ADすごくつんでるとか裏技も特に使っておりません>

 

 

私なりの独自の理論で3点ユニットの利点を噛み砕いていきたいと思います。

 

メリット

 

バストイレ別物件と比べて購入時のライバルが圧倒的に少ない。

〔みんな最初から除外される人多いみたいですね〕

 

物件価格が安い。利回りが高い。

〔上の理由と連動してますが〕

 

 

デメリット

 

空室になってしまった場合の入居者付が難しい。

 

 

あれ?

 

他にないよーな気が。。。

 

 

つまり、、、

 

3点ユニットのリスクさえうまくコントロールできればお買い得に高利回り物件を買えてしまう‼︎

 

と言った感じです。

 

 

デメリットがむしろメリット?

~ターゲット層を絞る~

 

私の所有物件。

 

そもそも築古ですので

 

家賃はそれなりに払うから新築がいい。

 

オートロックないと無理。

 

バストイレ別じゃないと無理。

 

そう言ったニーズとは違った層。

 

多少の事は気にしないからお値打ちな物件。

 

仕事でほとんど家に帰らないからお値打ちな物件。

 

会社の寮として使いたいからお値打ちな物件。

 

高級車よりも軽自動車の方が経済的。

 

大手3キャリアよりも格安SIMでしょ。

 

 

つまり、そこそこのクオリティと保ちつつお値打ちな物件を狙っている方達がメインターゲットかと思います。

 

そんな方達により効果的なのが無料WIFI、ダイナックシート、アクセントクロス等費用対効果の高いちょっとした小技でライバルとの差別化をすることで

 

「この物件、家賃の割に案外いいじゃん。」

<お客様の最初の期待値がすごく高いわけじゃないので>

 

と思ってもらえるような物件作りをしています。

 

 

3点ユニットはバス、トイレ別と比べて確かに敬遠される傾向にあるかと思います。

 

でもそれって、

 

家賃が同じだった場合。

 

もしくは、

 

「家賃の差が微々たるものでそれならバストイレ別にするよー。」

 

っていうニーズの方達をメインターゲットにした場合なんじゃないかなと思います。

 

3点ユニットでも家賃の差額によっては妥協できる層は一定数いるので

 

「ここの物件、3点ユニットだけど家賃の割には清潔感あるしサービスも悪くないじゃん。

 

ひょっとして掘り出し物の物件なのでは??」

 

と思ってもらえるようなアプローチができる部屋作りを心がけております。

 

とゆーことで

 

お値打ちならば

 

3点ユニット、

 

火災物件、

 

訳あり物件、

 

事故物件。

 

どんとこ~~~~い!!

 

のみなみのていおーでした。

 

ではでは~

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。