8月の

「D◯大◯の会」のセミナー

が楽しみなポンきちです。(初めての大家会参加です)

 

1.ベーシックインカムが実現したら

どうなるんでしょうね?
私は賛成派です。

 

・ベーシックインカム

「働かなくても生きていける権利」

 

・生活保護

「働きたくても働けない人が生きていける権利」

 

と、私自身は捉えています。

 

「働くかどうか」を選べるなんて素敵じゃないですか?

 

ただ、ベーシックインカムが導入されることで

「働くこと」=「無価値」

になるというわけではないです。

 

AIの普及により
「働くことができる人」が厳選されるため
より一層

「働くこと(が出来る人)」=「価値」

に繋がると思います。

 

では社会で実際にどういうことがおこるのでしょう?
(AIによる反乱とかそういうのではないです。)

 

多くのモノ(サービス)がベーシックインカム内で手に届く
もしくは、実現できるようになると思います。
もちろん取捨選択はしないといけないでしょうが。

 

というのも
 AIに取って変わられる仕事は

「中間層職」=「多くのサラリーマン業務」

から始まっていくと言われているからです。

 

多くのサラリーマンがベーシックインカムを享受する形になる

ほとんどのサービスは大衆に合わせて作られていく

ベーシックインカムの範囲内で多くのサービスを享受できる

 

と、イメージしています。

 

2.大家業はどうなるの?

わかりません。

 

ただ
不動産賃貸業に参画した少なからずの人は

「会社に縛られたくない」「将来の不安がある」「時間が欲しい」

といった思いから始めたのではないでしょうか?

 

これって、、

ベーシックインカムで解決しません?

 

その中でモチベーションは続くのでしょうか?

 

『ベーシックインカムロス』

って流行語とか発生しそう(笑)

 

そして家賃は安くなりそうですね。
より一層
「住居の支出における割合」
は下がりそうです。

 

というわけで

大家業はいろんな意味で衰退しそう(極論)
(ベーシックインカム一つをとっても明るい未来は見えない 笑)

 

3.どうしたらいいの?

「この業界が楽しい」

「社会貢献という意味で有意義である」

と思える人以外はしんどいのでは?

 

私は現時点ではすごい楽しんでいます。

 

でも

「楽しめなくなったら多分やめます」

 

ただ

社会貢献していると感じられているときは

「すごい楽しい」

と、思えるのでまだまだ私は続けられそうです。

 

 

時代は目まぐるしく変わっていきます。

『医者安泰』なんて言葉は数年も前に死語になっています。(私的には)

人生楽しんだもん勝ち!!