結構手間隙掛かります…今ある器具をクリーニングしたり、再塗装でのリメイク作業…

 

皆さんこんにちは、地方在住大家のゆたちゃんです。

 

先週から今月内に仕上げる予定で取り掛かっているお部屋のリフォーム作業ですが、

事前に業者さんから頂いていた見積もり金額の総額が、総額で25~30万円と高額であった事から、

今回は業者さんから頂いた見積もりで、自分で対応可能な部分だけ見積もりから外してもらい、

その代わりに自分でシコシコ細かなクリーニングや補修、塗装作業を行っています。

 

今回は室内設備でまだ何とか使用出来そうだけれど、

年式相応のキズや汚れでそのままでは賃貸に出せないものを再塗装でリメイクしました。

 

これがリメイク前のものと、#400番のディスクグラインダー用のやすり(100均ショップで購入)で磨いた後の写真です…

 

もしも天井の換気扇のカバーが、こんな状態では客付け時、当然アウトです。

 

と言う事で、まずは塗装前の下処理の為に磨いてみました…

今風な感じで、逆にこのまま塗装しないで使いたい位です…

 

最初の下処理前の写真をとり忘れましたが、

台所の照明のカバーを同じく磨きました。

 

これは入り口の玄関の照明ですが、やっぱりこれでは使用不可です…

 

で、こちらがディスクグラインダーで磨いた後です。

これもメッキ処理でもしたら案外いけてるかも?

 

せっかくキレイに磨き上げた部品を再度塗装するのは惜しいのですが、

そのままではサビてしまうので、スプレー塗装しました…

この後もう一度クリームホワイトで上塗り塗装して仕上げたいと思います。

 

今回は、コストパフォーマンスで行くと、正直あまりおすすめでは有りません。

※作業に最速でも全部で丸1日近く掛かります。

たぶん、新品の器具を購入して取り付けた方がキレイで安上がりかも知れません(特に時間の無い大家さんは…)。

 

ただし、この築30年越えの年式の物件の器具には、

今の物件には無い、独特な味わいのデザインがあり、

また、現在のプラスチックを多用したものと比べると、

結構丈夫に作られているとも感じるので、

それらを生かすリフォームを目指す大家さんには、

お薦めな方法となるかも知れないです。

※器具そのものは古いので、モノによってはリメイクせずに素直に交換した方が良い事も有ります…特に時間の無い大家さんには足手まといになる恐れが…

 

次回は、お部屋のリフォームの様子を出したいと思います。

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。