「不動産投資を始めたいが、周りに相談する相手も少なく、なかなか物件購入の決断ができない」人のために「初めて購入した物件について」書いて欲しいというお題をいただきました。

前回は不動産投資はリスクの出現可能性が高く難しい投資だということをお話ししました。今回は不動産投資のスタンスに対する定義が重要だというお話です。

僕の不動産投資はサラリーマンという本業がある方の副業を前提としています。

前提を理解していただかないと話がうまく伝わらないと思うんですよね。大きな利益を求めるなら投資ではなく事業として取り組むべきです。投資ではそもそもそれほど高いリターンを期待しないものですよね。

投資と考えるのか、事業と考えるのか、ものすごく大きな問題です。

で、くどいですが・・・僕はサラリーマンの副業としての不動産投資をおすすめしています。この前提にたった時に、いまサラリーマンの方にお話するのは『買わなくていいよ』ってことです(笑)

買いたいけど買えない人の悩みに寄り添うコラムをということでしたが、結論を言えば買わなくていいのがサラリーマン大家の特権です。投資の格言で『休むも相場』というものがあります。買えない時は休みましょう(笑)

こういう時は買わなくてはいけないプロにやらせておきましょう。不動産投資・賃貸経営を仕事としている人は買わなくてはならない人もいます。その人たちにやらせておけばいいんです。こういう時はサラリーマンは本業に精を出しましょう。

っていう、身も蓋もない結論になりましたが・・・でも、やったほうがいいよってのも僕の持論でして、それはまた次回以降に続けようと思います。