こんばんわ、サラリーマン大家のTAKAです。

少し間が空いてしまいました。仕事帰りにカブトムシと遭遇する横浜市東部。

本日は、今後の金利の動向ということで日本銀行の動きから感じることについての私見をコラムで書いていきたいと思います。

1.日本銀行の金融政策決定会合

7月30日、31日に日本銀行において金融政策決定会合が行われました。

日本銀行が行う金融政策の大きな目的は物価の安定、そしてその手段としての、金利のコントロールおよび量と質の両面での金融緩和であるため、日本銀行の金融政策は、貸出金利の動向にも大きな影響を及ぼしえます。

今回はいくつか新たに実施されたことがありますので金利への影響という観点から以下の点が行われています。

① 政策金利のフォワードガイダンス

→ ざっくりいうと今の低金利をしばらくは続けますよというアナウンスを行った。

② 長期金利上昇の一部容認

→ 長期金利(10年物国債の流通利回り)の上昇の容認幅を0.1%から0.2%に変更。

③ 政策金利残高の見直し

→ 金融機関が日本銀行に預ける当座預金のマイナス金利適用残高を減らした。

2.上記のマーケットの反応

本日は早速に長期金利に大きな上昇がみられるなど一部日本銀行の金融政策の若干の変更を受けた動きはあるものの、今のところ影響は限定的です。

短期金利の水準には、今のところ大きな変更はみられませんでした。

3.私見

ポイントは報道されているように①の政策金利のフォワードガイダンスかと思います。

しばらくの間は低金利の枠組みを維持するということを明確にしたことにより、現在の金利環境は、数年程度は変化しない可能性が高まったのではないかといえます。

ただし、方向性としては、②の長期金利の変動幅の拡大を容認したように、やはり金利を上げたい意欲は見られ、実際に長期金利はもう少し変動幅を拡大するといったことも考えられます。

とりあえず、短期の変動金利には大きな影響はなさそうですが、これから長期固定に切り替えようとする場合には多少の金利の上昇があるかもしれないと個人的には感じていいます。

4.おわりに

個人的にはやはり金利の上昇を意識する局面だとは思っていますが、急な上昇といったことは、しばらくはなさそうに感じます。

しかしながら、暴れまわるトラップ大統領、よくわからない朝鮮半島、きな臭い中東などの地政学的なリスクが顕在化した場合には、どのような影響がどう出るのかは、なかなか予測しづらい面が大きいことから、変動金利で借りている場合には、安心して眠るために、金利の固定化を検討してもよいかもしれません。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

(もし、ご質問等があれば、コメントいただければ極力回答しようとは思います)。