鉄部の塗装。

こんにちは! 埼玉サラリーマン大家です。

ここ数日、台風関連として雨についてのコラムが続いています。そこで梅雨前に行った鉄部塗装について投稿しようと思います。大雨の前には物件のチェックを事前に行って、修繕や対策を実施するかどうかを検討するのも大家の大事な仕事です。

1棟目アパートでも、梅雨前にチェックしたところ鉄部に錆びが出ていてボロボロになりかけていました。基本的には、鉄部塗装は外壁塗装とセットで実施します。この物件も8年前くらいに外壁塗装・鉄部塗装をしています。しかし、階段の鉄部が錆びて腐食が進行してきました。外壁は、まだまだ大丈夫です。ですから、プロの塗装業者さんを入れるのは、、、まだしばらく先です。

 

なので、鉄部塗装だけを自分でやることにしました。

だって、業者さんに頼むと結構な値段になるんです。。。自分でやれば、ホームセンターで買ってくる塗料代くらいですから数千円です。塗装代の大半は人件費ですからね。

 

5年~10年くらいは、だましだまし自分で塗りながら耐えていれば、外壁塗装の時期にプロに一緒にやってもらいます。とりあえずは、錆の腐食が遅くなって、見栄えが改善すれば十分なんです。

 

階段のステップの両端部分がボロボロです。おそらく、雨水が流れる箇所ですし、ステップについた水滴が貯まる箇所なんでしょう。錆が起きやすいようです。手で触るとボロっと剥がれるほどに膨らんできている箇所もあれば、ちょっとボコボコし出した程度のところもあります。

 

階段の塗装を実施。

素人ながら、とりあえずはやることを決意しました。まずは、錆びている部分をむき出しにします。サビ落としですね。金属製のハケみたいなやつで、ガリガリと膨らんだ部分をこすります。するとボロボロと表面の塗膜が落ちて錆があらわになります。その錆を更にケレンしていきます。

 

14段の作業を終えたころには、筋肉がパンパンです。1日でやろうと思っていたのに、、、心が折れてしまって次の日に持ち越しました(笑)

 

本当は、この後に錆止めをシッカリとやるのかもしれません。でも、錆止めの液を少し塗ったくらいです。そして、次の日に錆の上からでも塗ってよい錆止め効果のある塗料を塗りました。ホームセンターで売っているやつです。

 

塗装は全般的にそうですが、塗るよりも事前準備のほうが大変です。変なところに色がつかないように養生シートを貼っていきます。階段の鉄部は茶色にするので、その色が付いてはいけない部分をビニールシートで保護します。素人ですから、なんとなく貼っているだけです。きちんと保護されていなくて後悔することもありますが、、、それも経験です(笑)

この作業が一番の嫌いな時間です。本当に面倒です。。。これが終われば、あとは結構な楽しい時間です。

 

養生シートを貼り終えたら、あとは塗るだけです。本当は錆を取った個所がボコボコしているので下地処理をした方がキレイになるのでしょうけど、素人ですから気にしません(キッパリ)。錆の腐食が遅くなれば十分なんですから。外壁塗装の時期が来たらプロにお願いします。それまでの応急処置です。

四苦八苦しながら、全段を塗り終えました!
やっと完成です。

 

素人仕上げですが、パッと見では見違えるようになりました。サビでぼこぼこだった、、、みすぼらしい階段が生まれ変わったようです。

よく見ると錆びていた部分がへこんでいたりもしますが、当初の目的である錆の進行を遅らせることはできたと思います。見栄えも最初に比べれば格段に上がっています。

 

ただ、本当はステップの金属板を外してから塗装したかったのですが、、、ネジが潰れていて外すのが面倒で諦めちゃいました。ちょっと妥協も入っています。そのあたりがダメダメですね(笑)

 

まぁ、パッと見では分からないし、応急処置にはなったと思います。このときの空室は、塗装してからすぐに埋まりました。やっぱり見栄えの改善効果もあったかもしれませんね。

 

こういう、ちょこちょこしたお手入れをすることで、建物の寿命も延びるんだと思います。ですから、大雨の前には建物のチェックが欠かせません。そんな事例をコラムにしてみました。

今日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。