こんにちは!伊藤慶です。本日もコラムをお読みいただき有難う御座います。

 

世間では、スルガ銀行によるかぼちゃの馬車事件をきっかけに、融資が一気に厳しくなりました。

 

不動産を売却しようとしている方にとっては、思ったように売れないことも増えているのではないかと思います。

 

今後不動産の融資情勢がどうなるかはわかりませんが、すぐに融資情勢が上向くとは考えづらいですよね。

 

そんな中、今出来ることは何なのでしょうか?実際に大家として動いてきた経験を踏まえてお伝えしようと思います。

 

大家として規模を拡大していきたいのであれば、やるべきことはやはり法人を作った上での金融機関との実績づくりでしょう。

私は、沢山の銀行と会って話をしてきました。そして、分厚い事業計画を書いて、今後の方針について銀行員の方に説明したこともありました。

しかし、法人を設立して間もない時は、どの銀行からも相手にされませんでした。

しかし、その法人に利益を出し、黒字の決算書を作ると、銀行は完全に姿勢を変え、融資したいと言ってきたのです。

この時、銀行というのは過去の事実しか見ないのだ、ということを学びました。

もちろん、将来の事業性を見て融資をしてくれる担当者の方もいるかと思いますが、そういった方はまれです。

なぜなら、将来性をベースにした融資は銀行内で通しづらく、さらに担当者として融資を通したところで特段のインセンティブがないからです。

そうであれば、過去の決算書を見て、機械によるスコアリングを見た上で融資可能額を計算した方が楽なのは当たり前です。

逆の言い方をすれば、そういった銀行の姿勢を利用するのです。

黒字の決算を続けていれば、銀行からの融資は必ず引けるようになります。

そして、法人の体力をもとに融資が実行されるようになれば、融資冬の時代は関係なくなります。

融資が厳しい時代だからこそ、しっかりと体力をつけるようにしましょう。