こんばんは!

無謀キングのじゅんじゅんです。

本日は私が不動産に助けられた時の話を書きたいと思います。

実は、おととしのことになるのですが、私の経営するビルメンテナンスが

倒産の危機に瀕しておりました。

というのは、当社の先代が亡くなって、葬式が終わってすぐぐらいに取引先の担当の方から電話があり、「お父さんも亡くなったことなのでウチから手を引いてくれ」とのこと。

「前から自分の懇意にしている業者を入れたかったので、もう義理は果たしただろう?」という話をされました。

法人営業の怖いところは担当者が変わると、その担当者の連れている懇意の業者に仕事を奪われる可能性があることです。(ちなみに会社としてのお付き合いは40年以上)

自社の売り上げシェアの実に30%以上を占めていた企業さんで、急な話でさすがに終わった・・・と思いました。

そこに入っていたパート、アルバイト、正社員まとめて20名余り、スタッフはそのままで頭だけ変えるというやり方でした。スタッフにも生活がかかっているのでスタッフが希望すれば雇用条件はそのままで引き継ぎするという話。

求人難でしたので個人的には嫌でしたがスタッフの生活を考えればありがたい話かなと思い断腸の思いで社員を引き渡しました。

元々赤字の上に、利益が大幅にダウン。もうだめか・・・?

万事休すの私のとった選択。それは・・・。

 

親戚に貸していた店舗の家賃の値上げを申し出る

実はこのビルの1F店舗には私の祖父の店が入っていたのです。祖父が亡くなってからは親戚が店を継いでいました。しかしお店自体は売り上げが下がっていたので家賃はかなり下げており、20万円で貸していました。この店舗の家賃相場は60万という話を不動産屋から聞いていました。

そこで、親戚と話をして「店を出るか家賃を上げてくれないか」と相談しました。親戚はもともと店をやめたがっていたのですが、出ると金銭的事情で倒産することになるということでした。「店をたたむための費用を出してくれるならいいよ」ということで、清算費用を工面して、出てもらうことになりました。

・・・が、しかし・・・。

 

不動産屋が押し寄せる・・・!

店を閉めるという張り紙を張ったところ、突然不動産屋から電話や直接ビルの中に飛び込んでくる人、知り合いをつたって、「どうしてもあの場所(1F店舗)を貸してほしい」という人からの連絡が殺到し、待ち伏せされたり、いきなり事務所に飛び込みされたり大変な状態になりました。

なにしろこのビルは祖父が建設中のときからその当時のオーナーと話をして、その時からずっとこの1F店舗として入っていたのです。

商売人だった祖父はこの場所が後に値上がりすること、立地条件が良いことをしっていたのでしょう。駅出口から30歩で来れる場所にあります。

「前から狙っていたんだ!!」と、いろいろな不動産屋が「いくらでも出す!!好きな額を言ってくれ!」と言って訪ねてきました。そして、70万、80万、100万、120万とまだ募集もしていないうちから勝手に入札をしてきます。

最後は電話や待ち伏せで仕事にならないくらいになったので、最初の物件を買うときにお世話になった不動産屋に仲介に入ってもらうことにし、改めて入札制ということにし希望者に通知しました。

入札の結果・・・とその裏側

仲介に入っている不動産屋さんまで「うちに決めないとどうなるかわかってんだろーな!」などと脅されていたりしたらしいのですが、入札状況非公開の形で

家賃85万 礼金450万の不動産屋さんに決めました。

決めましたというか結局不動産屋の関係者に決めることになったのです・・。

家賃は本当に150万でも出すと言ってる人もいたんですが、不動産屋が「相場よりあまりにもかけ離れた家賃だったら後で値下げさせられる可能性もあるのでほどほどにした方がいい」とのことで上限を85万にしました。結局礼金も家賃も上限を決められていたので当然ながら有力3社三つ巴(どもえ)に。

薬局Zと不動産屋2社のバトル。

薬局Zに関しては1F店舗の隣のビルに薬局Aが入っており、隣の薬局Aから「そこを入れるならうちがそれ以上で借りるから絶対ヤメテ!うちがつぶれてもいいのか!?営業妨害だ!!」と圧力をかけられてしまっていました。

さらにその薬局Zは私の会社が仕事を委託している会計士事務所の代表の関係者で会計事務所の先生と頭を下げて「どうしてもお願いします!」と頼んできていました。それも何回も・・・・。鬼気迫るものがありました。(・・・いまだに言ってきてくださっています)

最終的に決めた不動産屋さんは、仲介業者の出身の不動産屋で、仲介業者が「私のためにここに決めてください!決めないと私がこの業界で仕事ができなくなります!!」と必死でした。

もう一社の不動産屋はうちの経営状態がよくないことを知っていたらしく、ビルに入っていればいつかビルを手放すだろうと考えている!という情報がほかの不動産屋から入ってきたりして・・・(その後にやはり「〇億円で手放す気はないですか?」と言ってきました)

とにかくドロドロの状態でした。

ぜんっぜん、公平な入札ではありませんでした。

 

そして家賃は・・・?

私としては薬局を入れた方がいいと思っていたのですが、仲介業者が半泣きで「とにかくどこよりもいい条件で入ってもらえるようにするので・・・・!」と。こちらも倒産しかかっていますので、甘えることにしました。

親戚が退去したままの状態で、リフォームもゴミの廃棄もせず、そのまま一切を引き受けてくれるという条件で入居してくれました。

さすがに40年近く同じ店舗が入っていたので相当な改修費用が掛かったと思われますが、一円持ちだしはありませんでした。

 

そして家賃は・・・

20万→礼金450万を60か月の分割家賃に合算でお願いしその他共益費等を含めると、家賃は102万600円(税込)となりました。

なんと、+80万?!

とんでもなく家賃収入がアップしました。

売上を30%強失いましたが、かえって利益状況が改善するということに・・・。

 

・・・( ゚д゚)ポカーン

 

だがしかしオンボロビルの奇跡はこれだけでは終わりませんでした。

 

次回、レントロールが大幅改善すると・・・?に続く!