「不動産投資を始めたいが、周りに相談する相手も少なく、なかなか物件購入の決断ができない」人のために「初めて購入した物件について」書いて欲しいというお題をいただきました。

前回は僕のお話の前提として「サラリーマン大家」の副業としての不動産投資だとお伝えしました。その上で、いまは無理して買う必要はないと身もふたもない話をしてしめました(笑)

今回は前回の話を完全にひっくり返した話をします。

僕はいつも不動産は『いつでも買い時・いつでも売り時』だとお話ししています。

つまりいまも買い時だということです。前回の話とまったく違うじゃ〜んて話です(笑)

不動産投資って最初の一棟で方向性がほぼ決まり、ほぼ勝負も決まります。そんな運命の一棟がそんなに簡単に見つかるわけないのです。本来、投資に値する物件というのはそんなにないんです。

それでもどんな時代にも「事情」があって売り出される物件があるんです。ようは相場とは関係のない「歪み」がある物件です。そういうものでないと美味しい投資はできないのです。

だから、検索の手はゆるめられないし、可能性を捨てる(検索をやめる)ことはできないのです。だから、無理して買う必要なないけども、不動産投資を始めるための行動(特に知識の習得)はガンガンやっていかなくてはならないのです。誤解なきようにお願いします。

だから変な話になりますが、決断とかいらないんですよ。いつでも買い時なんだら(笑)買ってもいい物件をただ買うだけです。

話があっちこっちに飛んでしまいますが・・・

 

最初から美味しい思いができる物件には出会えません。しかし不動産投資は時間を味方につける投資ですので待ちすぎてもダメなんです。

 

物件を購入する際にシュミレーションをすると思いますが、そこで回っていればGOでもいいのです。どのみちシュミレーション通りにはいかないわけですが、その下限に落ちないように経営すればいいのですから。

 

っていうのは今だから言えますが・・・当時は完璧な物件を求めて時間だけを浪費していました(笑)