皆様、お元気ですか?

私のコラムをお読みいただき、ありがとうございます。

先日、息子が会社訪問をした話、
テナント付けでお世話になった元営業マンが、
独立して、会社を設立し、
その会社を息子が訪問したことに関わる
エピソードを書かせていただきました。

その後日談です。

息子は帰って来て、
「どうだったの?」と聞くと、
「うん、面白かったよ。ママによろしく、って言ってた」

それだけ?と思いますが、まぁ、男の子はこんなもん。
無視されないし、第一、こちらが話した会社を自分で調べて行くだけ
かなりマシです。

そして、月曜日。
午前中は、イタリア語のレッスンの日です。
レッスンが終わり、スマホを見ると、着信がありました。

相手は??

さすが、会社訪問をした社長の彼です。

たかが、電話ですけど、意外にできないもので、
本来かかって来るはずの相手からも、来ないことの方が多いです。

息子のお礼を言って、近況を聞きました。

「テナント付けは、更新時期に手数料が入ってくるから、
売買だけのように、アップダウンがはげしくなくて、経営しやすい?」
「しやすいとまでは言えませんが、それがないと、夜眠れませんよぉ。」
「売買には手を出さないの?」
「テナント付けしたお客様から依頼を受けて、管理は少しずつ始めてます。」 

そして、「どうして、ここを訪問したか、質問したら、
母がお世話になったので。」という返事が返ってきて、
ビックリしたそうです。

まだ、どういう道に進むか、息子は決めていません。
でも、自分で会社を立ち上げてきちんと経営している人、
しかも希望する不動産業界できちんと実績を残している人と
話ができたことはいい経験になったと思います。

そして、きちんと電話をかけてくる彼は、
やはり、仕事ができる男で、こういうマメな男は、
実は一番もてる要素だってこと、
久々に思い出しました。

息子とご縁があるかなぁ~~~
どうかなぁ~~~

今日もお読みいただきまして、ありがとうございます。