ドーモ、投資侍です。

本日も月末の割とどうでもいいお話ですが人によっては凄く大事なお話かもしれません。

本日はプライバシーのお話です。

 

1.プライバシーの重要性

実はワタクシはSNSの類はほぼやりません。

LINEは家族と極親しい友人との連絡用に使うくらい、Facebookやインスタはやっていません。

何故かというとこの情報化社会において自分の私生活をネットの海に流すことはメリットよりもデメリットの方が大きいと考えているからです。

 

でも最近は敢えて個人情報を晒してお金に換える人が増えてきていると思います。例えば、流行のキラキラ・共食い大家とかですね。

 

2.個人情報がお金になる時代

今の時代はYoutuberやインスタインフルエンサーなど個人情報を晒してお金に換えることができる時代です。

 

不動産業界では敢えて個人情報を晒して大家の会やコンサルをすることでお金を稼ぐ人が出てきていますし、楽待コラムニストの肩書きを使って集客したり、更にはペンネームから実名に変えてまでサラリーマンセミリタイア大家がコンサルサロンを開いたりしています。

 

これ自体はワタクシに否定する権利はありません。本人の自由です。

ただし、ご本人達がそのリスクをどれだけ理解しているかは重要だと思いますし、このコラムの読者の方々がいつ同じように個人情報を切り売りしなければならない状況に陥るかも分からないのでコラムに書いておこうと思います。

 

3.ジャスティスハラスメント

ワタクシ、この楽待コラム読者のキラキラ・共食い大家を見極める能力と排除する自浄能力には脱帽でございます。楽待編集部の人達より遙かに感度が高いでしょwww

 

個人的には他人を食い物にして金儲けしたり、自分の失敗を押しつけたりする輩は痛い目を見ればいいと思っていますが、個人情報を晒す側から見ればこれは大きなリスクです。

つまり、ネットは匿名であるが故に現実世界よりも行き過ぎた仕打ちがなされることが多々あります。

また、匿名であるが故に全く利害関係のない人間が正義の名の下に個人に制裁を加えることも見られるところです。

 

この正義の名の下に集団がネットで制裁を加える現象は、、、

ジャスティスハラスメントと最近呼ばれています(`・д´・; )ゴクリ

 

典型的なのは芸能人の不倫報道でしょう。不倫は当事者の問題であるにも関わらず無関係な私人が不倫をした人の家族にまで危害を加えたりする現象が生じています。

 

これは不動産投資家が実名を晒してコンサルなどを行うときにも一歩間違えば同様のことが起こりうるということを認識しなければなりません。

 

4.SNSは人生にレバレッジを掛けている

不動産においてレバレッジは大きな利益をもたらすことができますが、逆に言えば破綻のリスクも背負うことになる諸刃の剣、言ってみれば利益とリスクを等価交換しているものです。

 

ワタクシはSNSなどを利用して自分の個人情報をお金に換えることは人生におけるレバレッジだと考えています。

 

典型的な例は芸能人でしょう。例えば、ホリエモンはメディアを通じて時代の寵児と言われるほど有名になりましたが、その有名となったことが逆に徒になり粉飾決算の際には反動で強烈なバッシングに遭っています。

しかしながら、現在は刑務所から出所後に知名度を生かしたメルマガなどで活躍(?)し、再び大きな利益を得ています。

ホリエモンはSNSのレバレッジを人生において最大限利用している人間の1人でしょう。

 

身近な不動産業界で言えば水○大家さんでしょう。その知名度が故に一躍有名となりましたが、その反動は最終的に廃業という結果にまで至っています。ただ本人が無一文であるかは別問題ですけどね!!!

 

でもホリエモンや水○大家さんと同じ事をするには本人の強靱な精神力と家族への影響を考慮に入れる必要があると思っています。

 

例えば自分の名前をググってね、、、

予測サーチで「詐欺」とか出たらどうするよ(´゚д゚`)

※画像は合成ですwww

 

今の時代はネットで本人の個人情報を簡単に調べることが可能です。

仮に子どもが自分の父親の名前をググって「詐欺」などと出てきたら家族はどのような気持ちになるでしょうか。

 

もし子どもの学校の友達の父親がグーグル先生に詐欺師扱いされていたら皆さんは親としてその子どもと仲良くなることを推奨するでしょうか。

詐欺師扱いされた人の子どもは学校でいじめられないでしょうか。

 

今の時代は自分の個人情報は自分だけのものではありません。家族や周りの人達への影響も考慮に入れるべきだと思います。

 

家族のためにと思い始めた不動産投資で家族を不幸にしては本末転倒です。

 

世の中の個人情報切り売りキラキラ・共食い大家には今一度そのリスクについて考えて欲しいと思います。

 

また、それらの人にコンサルを受けることを考えている人は、逆に言えばそのコンサルはリスクを背負ってでも個人情報を切り売りするしかないほど切羽詰まっている人だと疑ってみてもいいかもしれません。

 

ワタクシはリスクに過度に敏感であるが故に仕事や家族へのリスクを考えると当面は皆さんのお目にかかることはないと思いますがこのコラムに書いたような考えに基づいています。

 

正直このコラム読んでもなお個人情報を切り売りしていくキラキラ・共食い大家はもう知らんと思いますwww

 

投資侍より