熱海のサラリーマン大家ことBIGと申します。

転勤と引越しをキッカケに大家になり憧れの熱海に引越をした後の物件購入に至るまでの紆余曲折を記載したいと思います。

 

前回コラムでは、『これでもか!』と言うほど『熱海』愛を語り、    『熱海の大家』になる!と心に誓ったところまでご紹介しました。

 

そして物件検索の日々を積み重ね漸くたどり着いた運命の物件に遭遇

『こ、こ、これだ!!』

駅からは離れているもののバス停から0分(物件の目の前が停留所)

 

貴重な源泉掛け流し

近くに病院、スーパー、商店街と3拍子揃った物件

しかも、ホテル並みのフロントで管理人常駐(築年数はかなりですが、、、、)

そして外せない『景観』

 

熱海港を見下ろす屋上の大浴場からは見事な大花火大会が観覧出来る

これ以上ない物件。

しかし、これほどまでの物件が何故この価格で売り出されているのか?

(詳しくは言えませんがサラリーマンの1ヶ月の給料程度)

 

嫌な予感がしながらも一通り建物も確認が済んだところでお部屋拝見。

『え〜〜!どこかで見たような』

以前千葉市のマンションもそうでしたが

いったい以前の入居者は何の目的で使用していたのか?

 

とても人が住んでいた様に思えない、『秘密のアジト化していました。

不動産屋さん曰く『築古なのでフルリフォームが必要です』

これも何処かで聞いた話・・・

数十万の話が数百万に化ける話はチョット・・

以前の入居者様が結構長く住まわれていた様で、フルリフォームが必須な状況でした。

『検討させてください!』

お決まりの言葉を残し『退散』

気を取り直して再度検索開始。

 

そこで見なれないキーワードを発見

『オーナーチェンジ物件!』

気になって調べてみると

すでに賃貸で貸している物件をそのまま売買することの意味でした。

 

『その手があったか!?』

これなら、購入後のリフォームは不要、

客付けも不要、翌月から賃料が入る『夢の様』なシステムでは無いですか?

 

『もっと早く言ってよ〜』

早速検索するキーワードは「オーナーチェンジ」

しかし発見できたのはたったの『2件』

その内の1件は、アジト化していた物件の違うお部屋。

やはり、リゾートの賃貸市場は難しいのでしょうか?

早速、仲介業者様へアポ取り開始

 

偶然、2件とも同じ仲介業者様でしたので

一度に済ませられると『訪問』

「早速、物件の内見させて下さい!」

『・・・・・・』

「BIGさん、この物件は入居されているので内見は出来ませんよ」

し、しまった!』

 

まさに素人丸出しの発言に仲介業者様もすっかり呆れた様子。

それでも丁寧に物件毎に概算費用、利回り、実質手残りについて解説頂きました。

内見は出来ないがオーナー、入居者から聞き取りすることは出来るとの事。

 

2物件ともBIGの推奨する『熱海、収益物件の7つの掟』に対して

全てではありませんが概ねクリア。

ほぼ納得出来る条件のため決めかねます。

 

物件以外の条件も現入居者は法人契約なので長期で借りて頂けそう。

いっそのこと2物件共に!『購入』

ナンテ・・・資金も無い。

事件は現場で起きている!

内見は出来なくても外観は見られるはず

いざ、『出動』

1件は以前内見しているので、残りの1件を『訪問』

そう、答えは現場に落ちていたのです。

 

建物外観を確認し、フロントを通った瞬間

遠い過去の記憶が蘇って来ました。

初めての転勤が静岡で仕事をしていた時に飛込みで訪問した物件でした。

当時常駐の管理人さんに優しく受け入れて頂き

注文も頂いたお客様です。(その節は大変お世話になりました)

その後の転勤で疎遠になりましたが頻繁に菓子折を持って伺っていた、記憶が残っています。

 

もちろん、管理人さんは引退されていましたが若かりし日を思い出し、少し心地良い気分になりました。

『気持ちは固まりました。』

 

現場を後にし自宅へ戻り家族会議。

すでに年末の時期を迎え、師走真っ只中のタイミング

『私、本格的に投資家になります!!』

転勤、引越しで止むを得ずサラリーマン大家にはなりましたが、それは自分の意思ではありません。

でも今回は違います!

初めて投資家として責任を持って不動産を所有する道を選びました。

仲介業者様へ速攻で連絡!

それではBIGさん、この物件、買いますか?買いませんか?         (実際は聞かれていませんが・・・・)

『買いま~~~す!』

振り返れば、今までずっと誰かの指示で生きてきた人生の様に思えます。

一度しか無い人生です。

これが最初で最後の決断かも知れませんが

どうしても『やりたい』と家族を説得し購入となりました。

 

大袈裟ですが、仕事でも過去一度も感じたことの無い『責任感』と

言いようの無い『不安』を感じたのを今でも鮮明に記憶しています。

きっと先人の大家さん達が一度は通る道なのでしょう。。。。

 

決済はクリスマスイブイブの12月23日

ちょっと早い『プレゼント』になりました。            

(プレゼントと言っても自費ですが・・・)

最後までお読み頂きありがとうございました。

次回は

『入居者様からのクレーム対応は◯◯が決めて』です。