第2のかぼちゃ?

こんにちは! 埼玉サラリーマン大家です。

楽待さんの特集コラムで『TATERU』での銀行融資の改ざん問題が取り上げられました。Yahooニュースなどでも大きく取り上げられていましたから有名になってきましたね。

預金残高22万円台なのに、1億円以上の融資を通したとのことです。その手法は、かぼちゃ事件と同じようなもので、、、預金通帳の改ざんが行われていました。

 

これで、鬼の首を取ったように企業や銀行側を悪く言うニュースが増えています。でも、明らかに違和感がありますよね。この楽待でも複数のコラムニストがこの問題を取り上げています。

そこでも、この違和感に言及されている方は多かったように思います。不動産投資をしている人が感じる感覚と世間一般で捉える感覚には開きがあるのかもしれません。

違和感の原因。

そんな違和感の原因は、そもそも訴えている人が22万円しか預金が無いのに1億円以上の借金をしようと思っていた点でしょう。今回は、改ざんして融資を通したわけですが、、、改ざんがなく融資が実行されていたらどうだったのでしょうか?

それで融資が通ったのに訴える意味が分かりません。問題になったから便乗して少し儲けてやろうという意図が感じられます。なんだか汚いです。。。投資家なら融資を無理してでも通してくれたら感謝をするくらいなところかもしれません。

 

実際、褒められたことではないですが、こんなケースはよく聞く話です。『こうやってグレーな方法で融資を通してもらった』なんていう話は、投資家が集まると話される自慢話のひとつですから。

 

もしかしたら、薄々は気がついていて融資を頼んだのではないでしょうか? でも、最近のかぼちゃ事件で不安になってきたのでしょう。それで焦って訴訟を起こして、『無し』にしたくなっただけかもしれません。

違和感の原因2

この事件を『かぼちゃ』と同列に扱うのも少し煽りすぎな気がします。かぼちゃのケースでは、あきらかに儲からない物件でした。

私の物件の目の前にも建っていましたし、その近隣にも複数のシェアハウスが建っていました。それらの全てで空室率が8割以上となっていました。中には全空のものまで、、、。それをサブリースでごまかしていたのです。

まったく儲からない物件を建てまくって、融資を無理やりつけて、あとは破産して逃げるだけ。。。

そんな事件とは別物です。あれは、明らかに詐欺的なケースです。立件できるかどうかは別にしても。

 

今回の場合は、普通の新築アパートを建てる話です。よく地主さんが建てるような物件よりは、まだ儲かる可能性も(少しだけは)残されています。全く価値のない物件を建てるわけではありません。

 

このような取引であれば、全国に山のような事例があるでしょう。まさに氷山の一角です。不動産投資では、融資の改ざんくらいは当たり前に聞く世界ですから。むしろ、そんなことをやってくれる業者さんを探している人もいっぱいいます。

 

私は推奨しませんし、融資を多用するレバレッジ派でもありません。そして、違法なことをしてまで儲けたいとも思いませんし、手を出したこともありません。

ただ、それも不動産投資の一部だということは理解しています。

 

それ自体が不動産投資の問題点であるという論点であれば違和感はありません。でも、今回のニュースでは違います。この投資家さん(?)がかわいそうな被害者だという論点になっています。

そこが大きな違和感となっているのでしょう。

 

以上、最近話題のニュースに対する意見でした。今日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。