皆様、こんにちは。ミカンです。

今日の主役も、空飛ぶ大家さんです。

 

 

若山伊代の叔父・有田は、不動産賃貸業を営んでいる。

有田から声を掛けられ、伊代は不定期でお手伝いをしている。

彼は、マンションやビル、駐車場を複数所有する大家さんだった。

 

 

カタカタカタカタ…

 

伊代は、有田の所有するビルの一室でパソコンに向かい

家賃の入金管理をしていた。

 

 

「伊代ちゃん、僕は…消費税の更正請求をするんだよね?」と有田。

 

「そうです。期限のこともあるので、できるだけ早くしましょう。」

 

税務署に提出する更正の請求書は、

過去の誤っていた計算と

正しい計算とを

並べて記載して、

その理由と還付先口座を書いて提出する、という

極めてシンプルなものである。

添付書類を揃えるのに、若干の手数がかかる。

 

有田:「僕、1年で〇〇万円が返ってくるんだよね?」

伊代:「その予定です。それに、還付加算金もつくと思います。」

 

「やったーーー! 臨時収入だー! 何に使おう。フフフッ。」

上機嫌の有田。

 

彼が喜ぶ姿を見ていると、伊代も嬉しい気持ちになる。

 

「でもさぁ、伊代ちゃん。

 その、これから僕がもらえる還付金も、消費税が課税になったりするわけ?

 消費税が入ってきて…それにまた消費税がかけられて…

 消費税おさめて…うーん、よく分からないなぁ。」

 有田は頭を抱えている。

 

伊代は穏やかな表情で答えた。

「大丈夫です。消費税の還付金は不課税なので。」

 

「そうか!良かった。」と有田。

 

伊代が尋ねる。

「ところで、叔父様…税務調査はこれまでにあったのですよね?」

 

有田は、しきりに思い出そうとしている。

「うん。おととし…かな。あれ?その前の年だったかな?

もっと前にもあったけど…いつだったかな…覚えてないや。」

 

有田は、さらに続ける。

 

「あの時、僕、だいぶ持っていかれたんだけど、

 今回の、共益費の消費税の事が気になるなぁ。

 『消費税を多く納めている』って事を、

 誰も教えてくれなかったんだよなぁ…

 伊代ちゃん、これっておかしくない?」

 

伊代はどう答えたら良いか分からず、

頷くことしかできなかった。

 

※この物語はフィクションです

ミカンからの一言:

今回は、消費税の更正請求に限定してお伝えしました。

更正請求に伴い必要になると思われる、他の修正申告等については

ここでは割愛させていただいております。