おばんです。しゃっちー(社畜)大家「おそまつ」です。

もう、

本業がヤバくなってきた

そもそもネタが少ない。

 

毎日コラムは厳しくなってきました。

 

今日も間に合えばよいのですが、タイムトライアル的なので、

少し雑だったらすいません。

 

本題、

元資産税課職員KSさんがコラムで書いていらっしゃって、

自分が実践(体験)したことを思い出しましたので、

本日は税金について、少しだけ書かせていただきます

(パクリニストとは呼ばないで。。。)

 

 

【不動産取得税算出】

まず、不動産を買ってから、忘れたころにやってくる

 

『不動産取得税』

 

これって、地方税ですが、

都道府県税 です。

 

なので、名古屋の場合、

愛知県税事務所になります。

 

賃貸併用1号を取得した際、

1F:事務所付き倉庫

2F:自宅

の構成でした。

 

不動産屋も県税事務所に確認し、

事務所として認められている

って確認をとっていたと聞いたのですが。。。

 

 

県税職員の方は書類だけ見て

1Fの事務所、倉庫まで『住居』扱いにされ、

 

請求書類は、

 

驚異の72万円越!!(自宅レベルでこの金額!!)

 

 

そこで

県税事務所まで行き、

図面を見せながら、事務所であることを説明。

職員:し おそまつ:お です。

 

お:図面を見ていただくとお分かりだと思うんですが、

  これは住居ではなく、事務所と倉庫ですよね。

 

し:現地確認が基本で図面だけではわかりませんのでねぇ

 

お:(不動産屋がおどれと話して

  「事務所、倉庫でOK」ゆうたんと違うんかい!)

 

ええ 婿さんコラム的に言うなら、

心の中 顔面0cmの距離で言ってやりましたよ。

 

 

不動産屋は、『県税事務所に確認して大丈夫』と言っていた。

しかし、

いつ、誰に確認したのか?

 

分からない状態では、こちらが訴えても、

職員さんは納得してくれないんですよね。

(簡単に納得したらとれる税金が少なくなる)

 

結局、

現地に確認に行く!

 

と押し切られ、後日、我が家に来ました。

 

1Fの事務所と倉庫を一目見て。。。

 

し:これなら事務所、倉庫で良いですね。

お:事務所と住居の違いって。。。。

し:照明とか事務所用蛍光灯ですよね。これで十分です。

 

事務所と住居の線引きって『かなりあいまい』なようです。

 

結果、72万円越 → 16万円ちょっと

驚異の56万円ダウンとなりました。。。。

 

 

危うく、

 

夢の高額納税者

 

に仕立て上げられるとこでした。

 

 

【固定資産税】

固定資産税は、同じ地方税と言えども

市町村税 となり、

市税事務所が管轄です

 

賃貸併用1号は、

購入後、折板カーポートを

『1F壁に接して設置』しています。

その後、両側を壁を貼る予定でした。

 

建物に接して屋根を貼る

その両側に壁を建てると

3面 囲われたことになります。

 

固定資産税が発生する『建物の要件』としては、

以下の3要件があり、今回は、1に該当してしまう。。。

 

1.外気分断性 3方向以上壁があり、屋根があるもの
2.定着性 基礎等で土地に固定されて容易に移動できないもの
3.用途性 目的に応じて利用できる状態になっているもの

 

但し、建物の構造上、

微妙に壁と隙間が空く我が家

その隙間幅 : 280mm

 

これは外気遮断性に入らないのでは?

 

と考え、市税事務所へ!

出てきた職員に図面を見せながら説明。

 

すると、職員も

「この通りに施工されているなら、課税対象にはなりません。」

の言質をいただけたので、

 

すかさず、図面に

■日付

■時刻

■場所(○○県税事務所)

■担当者の名前

を確認し、その場で記入しました。

(結局、固定資産税対象になっていませんが、保険代わりです)

 

 

【まとめ】

■お役所の人間としゃべる時は、

 担当者の目の前で、

 いつ

 だれと

 どのような内容

だったかを明確に記載しておく。

 

写真を撮る時は、

当日の新聞を一緒に写りこませ、

日付がわかるようにする

 

不動産屋さんも事前確認時に、

いつ

だれと

を明確にしていたら、

このような結果にはならなかったかもしれません。

 

 

お役所の人間は言質を取られることを非常に嫌がりますが、

逆にいえば、エビデンスを残せば、そちらが有効になります。

 

 

【あとがき】

実は、趣味で車の公認改造を何回か?やったことがあります。

ランクルでキャンピングカーとか

キャンピング要件(ベット長)が取れないときは事務室車と

 

ある時、

実家のマークⅡを事務室車登録(8ナンバーにでき、保険、税金も安くなる)

しようと、当時の陸運局で申請したら、

 

その担当者は、『面積要件でNG』

ハンコをついてくれません。

 

少し変わった方法で面積要件をクリアさせていたため、

乗車定員を4名確保

通常の事務室車登録では定員3名になるため、

面積が確保できていない とのことでした。

 

私は、事前相談(図面状態)でOKもらってから

改造申請していたので、

その担当者の名前、事前相談日時 を伝えたら、

一瞬で態度が変わり、奥に入って確認。

 

結果、承認がもらえたことがあります。

(どうやら、他県からの転勤者で、県により考え方が異なるようです)

 

ということで、

お役所の人たちとお話しする際は、

証拠を残しておきましょう。

 

締め切り7分前にオワッタ!

今後とも御贔屓に!