こんにちは。

今日は、過去の買えなかった物件に対する心境の変化(笑)

を書きます。

 

その物件は、最寄りが都内の中央線沿線の駅でした。

23区に近い、でも区ではなく市で最寄り駅から徒歩10分そこそこ、土地が48坪、築27年でワンルーム5部屋、利回り10%、2980万。路線価より販売価格が安い物件でした。

公道にも間口大きく面していました。

隣の町に過去4年位住んだことがあり、なじみがあるような土地でした。

物件の状態も写真ではよさそうで、アポ取って即日に内覧してその日に買い付け申し込みしました

さて冒頭で書いたように、この物件は私が1番手で融資を進めていたのですが

数日後にキャッシュの購入希望者が現れて、お別れしました。

 

その時はやっぱり現金が強いな~という当たり前の感想を持ち、私以外にも買いたいという人が現れたのは、別の意味でよかったと。

自分の物差しがそんなに世間とズレてないと、なんかそんな事を当時は思ったのですが。。。

 

月日が流れ、最近あの物件を思いだして、今売りに出されたら買うか?買わないか?と考えてみて

買わないだろうと。

 

その時に気づかなくて今気づく事。それは運営力が必要な物件だったと

周辺は住宅街で、賃貸需要もある地域でかつ土地値もほどほど、そうなるとライバルが多くなります

今思えば、周辺にワンルームアパートが他の地域より多かった

そしてワンルームは賃貸期間も短めで入れ替わりもそこそこある。

周囲のワンルームと比べて自分の所を選んでもらう理由は何か?

 

そうなると運営力が強い人が有利で、内装のデザインや、特徴ある賃貸物件にするとか、細かいことに気づくまめな性格とか、DIYを自分でやって周辺より賃料を安くまわす努力ができるとか、

そんなことを最近思いました

自分の得意なこと。好きなことは何か

自分の苦手なこと。時間がかかることは何か

 

それを理解して、自分の性格にあってる物件を選ぶ、というのが、少しアパートや戸建てを運営をしてみて分かったことでした。

 

追加

最近の土地の売り出し価格を見てみたら、もう少し小さい土地で1.5倍以上で売っていました。。

やっぱり買えた場合もよかったかも。。。(笑)