今まで修繕依頼はそれほど頻繁に来ていませんでした。ここ最近、高額になるであろう修繕依頼がたて続けに来たので、これについてコラムを書くことにしました。

 

◆修繕依頼がふたつ。こうすることにしました。

 ①戸建に住んでいる方からの依頼(家賃5万円、入居期間3年目)

 ・駐車場を砂利からコンクリートにしてほしい

 数日前に草むしりをするように近所から手紙が入っていたそうです。理由は仕事で忙しく草むしりができないからだそうです。ちなみに、これまでの修繕履歴はアンテナ修理(数万円)のみでした。

 さすがに、砂利からコンクリートにするのは高額でできないので、草刈りをすることで納得してもらいました。そして、28話目の「不動産選びよりも配偶者選び」で登場したキャバ嬢二人と出勤した部下に草刈りの1日バイト(交通費込1万円)を頼みました。

 

 ②アパートに入っている高齢夫婦からの依頼(家賃2万5千円、入居期間1ヶ月)

 ・外壁パネルの浮きを直してほしい

 ・駐車場の水たまりをなくしてほしい

 ・浄化槽付近の窪地を直してほしい

 ・浄化槽の臭いを直してほしい

 こういう依頼でした。これら全て完璧に直すと数十万円の費用がかかってしまいます。それに、入居期間も1ヶ月という超短期ということもあり、4つの中の浄化槽付近の窪地と浄化槽の臭いを直すことにしました。方法としまして、浄化槽の蓋の下にブルーシートを被せ、その周りに砂利を敷く方法を選びました。(修繕費用ブルーシート+砂利200キロ:4千円)

 

◆とりあえず、やる気をみせる

 ①については、アパートならまだしも、戸建です。戸建に住んでいる人からこのような依頼が来ると思ってもいませんでした。正直、断ってもよかったとは思います。②については、方法が違っているかもしれません。もしくは全て断ることもできましたが、ある程度貸主としてのやる気(作業している姿)をみせたことで、借主の満足度を高めることは出来たのかなと思います。帰りに高齢夫婦から栄養ドリンク(1箱)をもらいました。

 次に依頼が来たときには、この大家に言ったら何でもしてもらえると思われそうなので、断ろうかと思います。 

 働いた当日はご褒美のような真っ赤な夕日を拝むことが出来ました。

 今日もわたしのコラムを読んでいただきありがとうございました。