こんにちは。

 

不動産投資を始めるためには、初期費用(自己資金)が必要です。

皆さんは、どうやってそのお金を用意したのでしょうか?

では、5つのお金の作り方を検証してみましょう。

 

①コツコツ貯金する

給与の中からコツコツ貯金するというのが一番スタンダードでしょうか。

生活費に使って残った分をストックする予定だったが、全然貯まらないという方が多いのではないでしょうか?

本気で貯めるつもりであれば、給与天引きで財形貯蓄するか、先に貯金分を別口座に移すくらいでないと貯まりません。

 

②親から生前贈与で資金提供してもらう

文字通り、親から援助してもらう方法です。

纏った資金提供を受けることで余裕ある不動産経営が出来ます。

一度、ダメ元でも、相談してみましょう。

 

③株で運用して増やす

株の運用で成功して、不動産を購入した方は少なくないです。

不動産投資家で資金を株で運用している方は多いです。

ただし、リスクはありますので、資金を減らすこともあります。

 

④宝くじに賭けてみる

一発逆転を狙うなら宝くじでしょう。

当たれば、億単位のRCを一括キャッシュで購入できます。

毎回、5枚、10枚とコツコツ買っていけば、いつかは…。

 

⑤カードローンを上手に利用する

最近のカードローンは、500万くらいまで枠があります。

また、住宅ローンを組むと、専用カードローン枠が300万ほどついてくる銀行も多いです。

⑴ カードローンの枠を作る

⑵ 不動産購入の審査

⑶ 審査通過

⑷ カードローン利用し、現金化

⑸ 現金を口座に入金し、融資実行

 

審査通過までは、カードローン残高は、ゼロにしてください。

審査時、個人信用情報センターで借入状況を確認します。

カードローンも全て記載されますが、ローン残高がゼロなら問題ありません。

 

ただ、この方法は、不動産ローンにプラスしてカードローンの返済もありますので、返済が大変になります。

やはり、初期費用は、借りるのではなく、ご自分で用意することをオススメします。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます😊