皆さんこんばんは!

本日は、コラムニストのタカボンさんが
ヤドカリ戦法にてご自宅をご購入されたというコラムを読み
osomatsuさんコラムの便乗の便乗で、私も自分のヤドカリ風味戦法を書かせていただくことにします。

 

私がマイホームを購入したきっかけ

私は妻と結婚後約1年は3LDKの賃貸に住んでいました。
家賃が108000円と駐車場代が19440円で=127440円払っていました。

正直、私の収入はでちょっと家賃のウェイトが重たいし、住宅ローンを組んだ方が家賃より低くなるということでモヤモヤ一人悩んでいました。

私の場合犬がいるのでペット可物件でなければいけない。しかも、中型犬まで受け入れ可能な賃貸はさらに少なく、賃貸可能な物件が限られている&かつ、家賃が高めになってしまいます。

貯蓄をしないといけないと思いつつも、なかなか思い切ってお金が貯められない感じの生活をぼんやり不安に思っていました。

そのことを妻に打ち明けると、妻が協力してくれることになり物件探しを始めることにしました。

 

私たちが決めたのは、今の住居からそれほど離れていないエリアで、
たまたまポストに投函されていたオープンハウスのチラシ。
(このエリア3駅から徒歩10分圏内でめちゃ便利なんです)

1680万円ペット可、築40年 3LDKのマンション 管理費15440円
フルリホーム済みが売りに出ていました。

「中古なんて無理!」という妻を連れて、見に行ったのですがすべての設備が新品だったので妻びっくり。「中古でもこんなに綺麗になるんだ~」ということで異論はなく購入することになりました。

私は住宅ローン減税のこと一切気にしていないかつ、知りませんでした。

とにかく今の家賃をどれだけ落とせるかだけしか考えていませんでした

築古でも住宅ローン控除が可能でした!

ちなみに妻が私の代わりにローンを組んでくれました。

(なお、私は連帯保証人になっていないため、自分の住宅ローン枠は残っています。住宅ローンがないということは、銀行の反応がすごく良いです)

頭金を100万入れて1580万を35年 0,6%で借り入れることになり

月々の返済は41716円 です。

駐車場はマンション内で16000円

月々の家賃に関する支払いは  

・・・管理費+ローン費用+駐車場代で73156円

127440円ー73156円=54284円も下がる!!!!

つまりこれが貯金に回せるということです!!

これだけで十分だったのですが、

中古の場合でも減税を受けられる可能性があると言われました。

条件は

このマンションが耐震基準に合致しているかどうか

合致している場合耐震基準適合証明書の提出が可能なら住宅ローン控除が中古でもうけられるということでした。

早速、一級建築士に依頼して検査費用を払ったところ大丈夫だったようで

住宅ローンの控除書類として、耐震基準適合証明書を発行してもらうことができました。

ちなみに発行費用と、検査費用は7万円ちょっとかかりました。

住宅ローン減税で受けられる減税とは?

10年間支払った利息が1%返ってくる(初年度のみ自分で確定申告必要)
10年間、残っている借入総残高の1%返ってくる

利息が0.6%なので0,4%分多く返ってくる。

取得税の軽減措置

ちなみに私たちはこの軽減措置によって取得税(166,900円)が全額軽減となりました。

中古の築古でも耐震基準を満たしていれば減税を受けられるということです!!!!

これは私の知識不足でしたが、不動産屋さんがよくご存じだったので良い不動産屋さんだったんでしょうね。

私は個人的にとにかく月々の家賃が減りさえすればよかったので輪をかけて本当に助かりました。

*ちなみにこのマンション、購入後1か月くらいですぐに大規模修繕に入り、奥さんがとても嫌がっていた古いドアノブ式の玄関扉が最新のディンプルキー2カ所の立派なドアに取り換えられ大変ラッキーでした。他にも網戸の取り換え、ベランダ防水、外壁塗装も。前のコラムで書いた区分所有マンション1番下の物件です。

私たち夫婦の計画

住宅ローン控除が10年受けられるということなので、10年以内で繰り上げ返済を行うことを計画しています。

毎月貯金を10万(もともと)+5万(浮いた家賃) で私だけでも最低月15万貯蓄が可能ということになります。1年で180万 10年では1800万になるので10年での返済は可能です。(ただし使い込まなけば…)

しかも築年数が古いので固定資産税が安い!年間76000円くらいで、徐々に下がっていっています。これもありがたい。

新築だと20万近くかかったのではないかな??と思ったりします。

私達夫婦は、自宅に関しては不動産投資は度外視の計画をしていたので、繰り上げ返済が完了するであろう10年後、ヤドカリ戦法で次のマイホームを買うのか、返済がなくなった物件を売却してそれを頭金にしてさらに大きなマイホームを買うかの2択を残した状態になっています。

したがって10年後にならないとこの戦法がヤドカリだったのか、たんに新たな自宅を買うためにこの物件を売却して頭金として大きな家を買うだけの戦法になるのかは不明です。

でも、osomatsuさんのコラムを読んで、繰り上げ返済を完了する約10年後にはosomatsu方式の賃貸併用型ヤドカリ戦法もいいねと話をしています。

 

みなさんも、マイホームを買われるとき、もし中古でもよければ

じゅんじゅん家方式、中古マイホームヤドカリ戦法風味もありますよ!(‘ω’)ノ

 

 

タカボンさん、osomatsuさん、勝手に便乗コラボさせていただき

ありがとうございました!!