ドーモ、投資侍です。

昨日のコラムではサラリーマンセミリタイアについて書きましたが、見事にリーマンまさゆきさんにぶった切られましたw

曰く目標低すぎる割に要求自己資金が高すぎというお達しだそうで、どちらが良いのかは別としてなるほどと思った次第です。やっぱコンサルとか向いてねーわということだけは分かりましたw

 

本日は不動産投資って不労所得と思ってる人に対する警鐘コラムです。

 

1.不動産投資の向き不向き

昨日のコラムで書いた「5年で投資額1億円、CF300万円」セミリタイア目標じゃなくて取り敢えずサラリーマンが目指す最初の一歩としていいんじゃないかと思った次第です。

セミリタイアはあくまでも侍三原則を基準としています。

 

(セミリタイアに向かない人)※個人の感想です。

何かというと不動産投資って向き不向きが出ると最近強く思います。

これは優秀か優秀じゃないか、学問の成績が良いか悪いかではなく、単純に好き嫌い、向く向かないのレベルです。

 

例えば、人の話を鵜呑みにする人や騙されやすい人、用心深くない人はおそらく不動産投資には向いていません。あと他人を騙すのが下手な人も向いてないと思います(ボソッ

 

だから「5年・1億・CF300万」というのは人によっては多少の失敗をしてもリカバリーできるレベルなので、まずは不動産投資を5年やってみて自分の向き不向きを確認してみたらどうでしょうか?と思いました。

 

リーマンまさゆきさんが5年で目標低すぎと仰っていて、他の人ももっといけるんじゃないかという意見もあります。

なので低めの目標で5年で安全にこれくらいの規模まで増やせない人は自分が向いてないんじゃないかと思って不動産投資でセミリタイアすることは思いとどまった方がいいかもしれません。

 

更に言えば、この目標を聞いて自分でどうやって達成するのか道筋が見えない人、誰かにどうやったらいいか聞かないと何もできない人など「自分の頭で考える力を持たない人」はまず不動産投資のセミリタイアに向いていないと思います。個人の感想ですよ!

 

(セミリタイアしたい人の思考)※個人の妄想です。

ワタクシの周りでもセミリタイアしたいな~という人は多かれ少なかれこういう思考を持っている人が多いように見受けられます。あくまでも妄想であって実話ジャナイデスヨ!

 

今の仕事の給料が割に合わない気がする

転職したいけど自分は特別な資格やスキルがなくて良い所に転職できるか不安

このまま働いていても会社が倒産するかもしれないし、自分も解雇されるかもしれない

今の給料じゃ貯蓄もそれほど増えなくて将来や老後や子どもの教育費に不安

そうだ、不動産投資してセミリタイアしよう←←←なぜそうなるwww

でも自分はどうしたらいいか分からない

キラキラしたセミリタイア大家さんがコンサルをやってることを知る

キラキラ大家さんも低年収・低属性で自分と同じ環境で同じようなことを考えて不動産投資で成功(???)したらしい

キラキラ大家さんのコンサルを受ける←←←それ、一番アカンやつやwww

 

はい、こういう思考ルートでカモ初心者は食われ、キラキラ・共食い大家は肥え太っていくのであります( ̄ー ̄)

 

ワタクシが色々話を聞いてみるに、リーマンをセミリタイアしたい人は結局のところ、、、

 

「今の給料じゃ貯蓄もそれほど増えなくて将来や老後や子どもの教育費に不安」

 

これに尽きるんですよね。

だからワタクシはリーマンで不動産投資をやろうと思う人は低い目標でも「5年・1億・CF300万」をオススメします。

 

なぜなら、CF300万を得ることができれば、少なくともネガティブ思考の元凶である「今の給料じゃ貯蓄もそれほど増えなくて将来や老後や子どもの教育費に不安」という点は緩和されるからです。

 

そして、CF300万円を得られるようになると、、、

 

「あれ?わざわざリスクを個人で背負って不動産投資なんてやらなくてもリーマンやりながらこのまま貯蓄して少しずつ規模拡大していくのが一番安全で将来の不安もないんじゃね???」

 

という境地に辿り着く人も出てくるじゃないかと思うんです。個人の妄想です!

 

だからもしこのコラムを読んで共感していただける人がいれば、キラキラ・共食い大家の餌になる前に一度5年間の目標を立てて考えてみて下さい。

5年やってみて自分は不動産投資が好きで向いている、天職だと思えばそれはそれで貴方の人生にとって幸せだと思います。

 

ちなみに、キラキラ大家はほぼ全員(某大家の会基準)が不動産投資を好きでセミリタイアしたわけじゃなくてそっちの方が楽に稼げるからと安易にリタイアしたあげく自分の生活がカツカツになってネガティブ思考に陥った初心者を更に地獄に落として食いつないでいくという人間が多いので気を付けて下さいね!

 

2.不動産投資は不労所得なのか

<投資侍の2018年不動産投資活動記録>

・草むしり 2回

・外壁洗浄 1回

以上

 

現在5棟66室を保有していて9月に6部屋ほど更新時期を迎えましたが、「更新料無料!更新してくれたらAmazonギフト券30,000円+水回りクリーニング入れるよ!」って伝えたら無事に全部屋更新していただけました。

25万ほどの出費になりますが、2部屋出ると同じくらいの損失が出るし、今年は利益とCFが想定以上に上振れして税金でもってかれることを考えたらこれくらいどうでもいいです。

 

これで今年は通年満室ほぼ確定・・・と信じたい。(フラグ)

 

じゃあ草むしり2回、ケルヒャー外壁洗浄1回で上振れ込みでCFが4,000万半ばを得られると不労所得なのか???

 

答えはNOです。

 

何故かというと資産を今の状態に組み入れるために①経済、法律、税務、市況、金融、不動産の勉強に数万時間、②物件の選定と探索に数千時間、③新築建築など物件を今の状態に仕上げるのに更に数千時間、の労力を費やしています。

 

だから今の不動産から得られる収益は過去の自分の自己投資と労働に対する投下資本が回収されているだけと考えています。

 

更に言えば、個人的な意見としては完全な不労所得は親から貰うお小遣いと相続だけだと思います。

株式が不労所得という人もいますが、それなら一日中PCに張り付いているデイトレーダーは不労所得なのか、証券会社でトレーディング部門に勤務している人は不労所得なのか、更に言えばウォーレン・バフェットは究極の不労所得のオッサンなのかという話です。

 

不動産投資が不労所得と安易に考える人は自ら勉強や労力を費やすことを放棄している、また労力を投下するという考えに至らず思考停止している人が多いと思います。

 

そういう人に限ってコンサルよろしく他人の言うとおりにやるので100%失敗します。例外なしです。

 

だってスルガを相手取ってかぼちゃ事件を被害者面して争っている素晴らしい実例がそこにあるじゃないですか。

 

不動産投資でセミリタイアしようと思っている人は不労所得であるとか、そちらの方が楽に稼げるとか、安易な考えを持たずに自分の向き不向きも含めて冷静に考えてもらいたいと思います。

 

投資侍より