スポーツはお好きですか?

 

大谷翔平選手が右肘靭帯を損傷し手術ですよ。

心配です。

 

彼は日本の野球の宝です。

 

少しでも長く活躍できるよう、周囲にはサポートして欲しいものです。

 

早い復帰を願いますが、それ以上に、今までと変わらぬ復帰を願います。

 

 

アスリートには、ピークがあります。

もちろん、そのピークを活かせる人もいれば、怪我でダメになってしまう人もいる。

厳しい世界です。

 

 

うつ病大家です。

 

 

ええ。ただのサラリーマン大家です。

 

 

松坂世代の苦悩

平成の怪物。松坂世代でプロ野球に入ったのは50人。

 

そのうち、100勝以上は杉内俊哉、和田毅、松坂大輔の3人。

 

和田と松坂は、メジャーリーグで5勝、56勝を挙げています。

 

さらに、素晴らしい救援投手もいました。

 

阪神の勝利の方程式「JFK」

覚えていますか?

 

そう。

 

藤川球児

 

さらには

広島史上最多セーブの永川勝浩

も松坂世代。

 

沢山の選手が活躍してくれました。

しかし、10人が1軍出場がないまま引退をしちゃっているんです。

 

プロ野球の厳しさですね。

 

元巨人の村田修一も引退を表明し、同じく巨人の杉内も引退を表明。

杉内はここ数年結果が全く残せなかったですからね・・・

厳しいです。

 

「名球会」資格をクリアした投手はいない

とは言え、これだけの顔ぶれが揃っていれば、名球会入りして伝説となるんだろうって思いますよね?

 

実は・・・

日米通算200勝、250セーブという「名球会」資格をクリアした投手はいないんです。

 

確かに、昨今の野球は、投手の分業が進んでいます。

球数を気にし、勝投手の権利を得たらマウンドを降り、あとは他の投手に任せると言うのが今の野球。

よって、勝投手になる確率が下がったと言う背景はあ。

 

 

しかし、打者でも、引退を表明した村田修一の1865安打が最多。

 

 

松坂世代の「名球会」入りは、厳しい状況になっているんです。

 

 

残された松坂世代は後7人

松坂世代の現役投手は

和田毅

松坂大輔

久保康友

館山昌平

藤川球児

久保裕也

永川勝浩

の7人。

 

 

ここまで来たら、行ける所まで頑張れ!と言う事で、

 

もちろん、年齢的に考えると、この中には来季の去就が注目される投手もいます。

 

 

野球の話じゃなくて不動産投資の話をしよう

要するにですよ。

松坂世代は頑張っているんです!

 

杉内、村田が引退を表明した時、松坂大輔のヒーローインタビューで

「今日は村田、後藤、杉内君が引退を発表して彼らの分も心をこめて、僕はもうすこし頑張るよと決意表明にしたかった」

 

こう言ったのを覚えていますか?

 

いや。感動しましたね。

また来季も松坂大輔を見れるかもしれないと思うと、嬉しいですね。

 

あ。また野球の話になりましたが、要するに、ソフトバンクでダメだった松坂大輔を、中日と言う球団で再生させたんです。

 

彼の信念もあったと思います。

その気持が大事。

 

 

例え、築古のアパートでも、ちゃんと大家さんが愛情を持って接し、そして、大事に大事にしてあげれば、誰かが決めた「耐用年数」なんて物は関係なくって、ちゃんと、長くに渡って活躍してくれるんです。

 

大事に大事に使ってあげましょう。

 

 

ちなみに、僕の実家のアパートは35年。

もうずっと満室稼働中です。

 

もちろん、家賃の下落はあります。

 

でも、まだまだいけます。

 

大事に大事に。

最低50年は頑張ってもらおうと思ってます。

 

 

あ。ちなみに、僕はバスケ部でした。