こんにちは。

ベトナム大家です。

 

Yahoo知恵袋や他人のブログなどを見ていると

外国人に部屋を貸した場合に起こる問題は

ゴミを分別しないだとか、曜日を守らないだとか

夜中に騒ぐだとかいうことがよく書かれています。

 

しかし、後ろ足で砂かけられ王の私からすれば

そんなことは些細などうでもいいことです。

ランキングを付けるとすれば、8位か9位です。

 

問題:所詮は他人の部屋

ご存じのとおり、ランキング1位~3位を占めるのは

汚す・残す・盗むの3要素です。

(部屋を汚す、ゴミを残す、家具を盗む)

昭和のダメ親父の、飲む・打つ・買うに相当します。

 

そして、4位に位置するのは「魔改造」です。

家賃に関する問題は、5~7位といったところです。

 

実際にあった被害例を紹介します。

①カーテンレールを取り外して、部屋の隅に釘で打ち付け

 ハンガーをかけてご満悦

②障子の紙を突き破って穴を開け、障子の桟の部分に

 ハンガーをかけてご満悦

③天井にヒートンを打ちまくり、拾ってきた棒?を通し

 ハンガーをかけてご満悦

 

原因:節約だと思っている

普通の人間なら、ハンガーをかける場所が欲しければ

ホームセンターへ行ってハンガーラックを購入しますが

出稼ぎモンスター(留学生)にそんな概念はありません。

 

かと言って

「大家さん、ハンガーラックを買ってくれませんか?」

とお願いしてくることもなく、勝手に改造しやがります。

 

そして、それを「俺って頭いい、アイデアマンだ」

などと思っているからタチが悪いのです。

 

対策:つっぱり棒のススメ

とにかく、穴を開けまくられなくて済むように

「やられる前にやる」という考えでいきます。

 

具体的には、つっぱり棒を通せるだけ通して

これでもか!というぐらいハンガー掛け場を作ってやります。

 

なお、190cmならダイソー、280cmならニトリが最安です。

ホームセンターにも売っていますが、倍ぐらいの値段です。