◆自分の不動産投資至上、大失敗をしています

物件名:TATTERU(仮)

種類:木造戸建

土地面積:約30坪

建物面積:約50坪(未登記)

都市計画:市街化区域

用途地域:商業地域 

経緯:ネットに110万円ちょっとでずっと放置されていた築古木造物件です。40万以上低い指値をし、80万以内で購入しました。もともと雨漏りがある状態での購入でしたが、その雨漏りを完全に甘く見ていました。もう買うっていってしまった手前、業者に断ることができなく、購入してさらに後悔しています。

 

原状:和室から雨漏りがしており、ここ最近では台所から雨漏りがしています。根性で建っているという状況です。

 

対策1:取り壊しする

    概算見積もり業者:300万

    メリット:駐車場として使用できる。

    デメリット:固定資産税が増額される。

対策2:屋根を修繕し格安で賃貸(2万円以内で)にまわす。

    概算見積もり業者1:100万

          業者2:150万

    メリット:建物として使用できる。

    デメリット:修繕費を回収できるかはわからない

対策3:タダ同然で売却する(損切りする)

    メリット:これ以上、損失が広がらない

    デメリット:損失が確定する(むしろ、メリットかもしれない)

 

まとめ:対策1と2をしたとしても、使用してくれる人がいるからこそのメリットです。対策3をすることにより、これ以上穴が大きくありませんので、この場合、対策3が正解だと思います。完全に甘く見ていましたし、義理だてて購入する必要もありませんでした。最近は、自分の失敗を相手のせいにしたりする人が不動産投資に限らず多くみかけます。自分のお尻は自分で拭くしかありませんし、人に拭かせるほど立派なお尻を持っていません。しっかり、この失敗を反省して、精進していきたいと思います。読者の皆さんにはこのような失敗をして欲しくないと思っています。

 

 で、その穴埋めとして、株式投資をしてみました。不動産投資に失敗したから、この流れは、大体は暴落になってさらに大穴をあけるのが大方のセオリーになると思います(笑)。○71○ 明○ファ○○○○○ークスです。年内に売却し、この不動産の損失を埋めたいと思います。本日もわたしのコラムを読んでいただきありがとうございました。