こんにちは。

ベトナム大家です。

 

私が楽待コラムニストになる前のことです。

・不労所得などと言うが不動産は簡単には儲からない

・利益の大半を銀行と仲介屋と工務店と国に獲られる

という真実を世に広めたいと思っていました。

 

そのとき、クラウドソーシングなるものが流行っており

不動産に関するコラムを募集していた人がいたのですが

詐欺まがいというか詐欺師のような奴でした。

 

超絶低報酬のゴミ拾い案件

表示されていた条件は、こんな感じだったと思います。

・不動産に関するコラムまたは読み物

・文字単価0.3円~

・6000円分以上まとめて書ける方

 

ライターではない人にはピンと来ないかも知れませんが

文字単価0.3円というのは、時給150円の世界です。

私はそれでも不動産の真実を広めたかったので

利益度外視で応募してみることにしました。

 

頭のイカれた後付け条件

交渉の結果、500文字のコラムを20本書いて6000円

ということで作業を開始することになりました。

ところが、このクレイジーモンスター

納品後にとんでもないことを言ってきたので驚きです。

 

・あなたに6000円を支払うには手数料込で7500円必要だ

・1文字0.3円だから、7500÷0.3=25000

・つまり、あと15000文字分のコラムを納品しろ

 

今まで交渉した内容は何だったのか?と思いましたが

こういうクレイジーモンスターに正論は通じないと思い

「もう報酬は結構ですので、コラムは破棄してください」

ということで合意して、関係を切ることにしました。

 

そして知的財産権侵害へ

数か月後、破棄されたはずのコラムが転載されていました。

このクレイジーモンスターに連絡を取ると

「削除してほしかったら半額の3000円を払え」とのこと。

 

ちょっと何を言っているのか意味が分かりません。

代金を払って商品を受け取り、その商品に瑕疵があった場合

代金の半額を返金してくれというのは分かります。

 

しかし、今回の場合、私は1円たりとも受け取っていません。

代金を払わずに商品を詐取して、返してほしければカネを払え

これ、ただの身代金目的の誘拐と変わらないじゃないですか。

 

結局、このクレイジーモンスターはゴネていましたが

クラウドソーシング事務局が説得して削除させました。