こんばんは、かっちんです。

少し前のコラムで太陽光発電の申し込みから入金までのタイムラグについてご質問をいただきました。

これから太陽光発電事業を始めようという人には共通の疑問かもしれないと思い、この場をお借りしてお話しさせていただきます。

アパートの場合、買った瞬間から利益(家賃)が入ります

購入時に家賃清算を行うのはこのためですね。

ところが太陽光の場合はこれが大きく異なります。

僕の場合は、今まで「すでに売電の権利を取得している」物件を購入してきました。

しかし、ちょっと気になる業者の広告をネットで見つけたので、新規で権利を取る物件(つまり売電価格が18円の物件)を扱う業者に問い合わせを入れました。

その業者には、「できるだけ早い時期に欲しい」と伝えたところ「早くても売電開始は来年の夏近くになるとこのこと。申請で半年ぐらいはかかるようですね。

売電期間は決まっているので、総収入額は決まっているとはいえ、投資ですから機会損失も考えたいところ。そう考えると、「すでに権利を取得している物件」に絞って物件を探すことをお勧めします

さて、すでに権利を取得している物件の場合はどれくらいの期間で売電できるのでしょうか?

僕の場合、昨年の11月に契約した物件の売電開始が3月。2月に契約した物件が6月、そして6月に契約した物件は未だに発電が開始されません。

業者のスピード感や混み具合にもよるのでしょうが、概ね4ヶ月から半年ぐらいと考えておいた方が良いでしょう。

僕の使った信販系の融資の場合は売電が始まってからの返済だったために、慌てることはありませんでしたが、融資の受け方によっては危ないかもしれませんね。

いずれにしてもアパートの購入と比較した場合、利益が発生するまでには遥かに長い時間が必要になるということを頭に入れて計画をおたてください。