ご覧いただきありがとうございます!

   

楽待でわたしの好きなコラムニストさん達が

続々と休載を発表してΣ(‘◉⌓◉’)マジカー

まるでテレビの秋の番組改編期か!と驚きつつも

楽待コラムニストの端くれとして

自分の実践したことは全部コラムとして書こう!

と心に決めている

トラックの運転手タカボンのパパと申します。

10月7日に無事引っ越しも終わり

3LDKの賃貸マンションから

購入した4LDK駐車場つきの

実需投資用戸建て(通称マイホーム)

での新生活をスタートしました!

 

わたしはリフォーム費用を削減するために

職人さんの面倒なところ(事前の準備や資材の調達、施工後の原状回復からゴミ捨てなどなど)を自身で引き受けてコスト削減とスキルアップを図りました。

※職人から学び、自分で実践する…ヤドカリフォーム大作戦と命名(特許出願検討中)

 

今回はコンセントカバーを交換しました!

 

★初心者向けの交換方法★

①ホームセンターで新しいコンセントカバーを買う(88円〜600円)

    

※カバーの裏側に型番が書いてあるので同じモノを

②マイナスドライバーでカバーを外す。

③プラスドライバーで新しいカバーを付ける…完成\\\\٩( ‘ω’ )و ////

★費用対効果は?★

・カラーやデザインも豊富にある上、近所のホームセンターで購入可能な部屋のアクセントてしては最安値(88円〜)のフォーカルポイント。

・取り付け、取り外しが簡単。

・他の物件と差別化を図れる。

 

★そもそもコンセントカバーって何?★

コンセントカバーとはコンセントプレートとも言い、

コンセント本体では無く、コンセントを設置した壁の穴を目隠しするために用いられている部品です。

破損や汚れが酷い場合には、このプレート部分だけを交換して修理することができ、施工価格は約2,000円が相場です( ´∀`)ナルホド

 

★注意事項★

一般家庭用のコンセントの場合、差し込み口の交換やコンセントそのものの交換、増設、新設については電気工事士の資格が必要です!

電気工事士の資格が無いにも関わらず、コンセントの交換工事を行った場合、30万円以下の罰金、または一年以下の懲役が科せられますΣ(゚д゚lll)

ただし、コンセントカバーの交換リフォームについては、電気工事士資格は必要ありませんので、私はセーフです!

 

という事で今日はここまで!

最後までお読みいただきありがとうございます!