皆様、お元気ですか?

私のコラムをお読みいただき、ありがとうございます。

昨日、オーランドの物件セミナーに行って来ました。

10月9日に書いた、

鉄板物件が自分の好みではない場合は?

でご紹介したセミナーです。
ご紹介したと言っても、地名まではあげてませんが・・・
事前にそこまで書くと、宣伝臭くなるので、避けました。

ご存じの方はご存じなオーランド

アメリカ・フロリダにあり、

アトラクション施設満載の街

です。

上の図でおわかりいただけるかと思うのですが、
たくさんある吹き出しは、
ディズニーランドを初めとして、
アニマルキングダム
エプコットセンター
ユニバーサルスタジオや
シーワールドなどなど・・・
その中で、ひとつだけ色が違う吹き出しが、
この物件のマジックヴィレッジで、
ファミリータイプのコテージで構成されています。
M のマークがそうです。

私はオーランドに3回行きましたけど、楽にオーランドだけで
1週間は遊べます。
当時、私はディズニーのホテルに泊まったのですが、
ホテルの1部屋で宿泊できるのは、多くて3~4人。
その人数が泊まるとエキストラベッドになるので、
部屋はかなり狭くなってしまいます。
しかも、食事は3食レストラン。
高くつきます。
だから、このマジックヴィレッジのようなコテージは
確実に需要があると思うのです。
アメリカ各地から遊びに来るファミリーが宿泊するのには
ピッタリです。
もちろんアメリカ国内だけでなく、南アメリカもアクセスがいいですし、
この先、オーランドと中国を直行便で結ぶ計画も
あるそうなので、全く集客に問題はありません。

だから、鉄板 と言っているのですが・・・

でも、もう大人なので、いまさらディズニーに
遊びに行かないだろうし、なぜ
こんなにひっかかるのか?と思っていたら、
セミナーに参加して、判明しました。

ピエンファリナが呼んでいたのです。

車の好きな方なら、絶対ご存じなピエンファリナ。

ジウジアロウと並び、イタリアの工業デザイナーで、
フェラーリを初めとする車のデザイナーの両雄です。

まだ、子供でしたけど、私が生まれて最初に美しいと思った車

ランチア・ガンマ・クーペ

です。
この車のデザイナーが、ピエンファリナ。
おまけですが、ランチアは、フィアットの最高級ラインです。
ムッソリーニの時代から、イタリアの元首の公用車として
現代でも使われています。
以前は、赤坂の山王下にショールームがありました。
そのピエンファリナが、設計に関わっているのです。

さて、話を戻します
もう、セミナーでこの名前を聞いた瞬間の驚き。
ずうずうしくも、「呼んでいた」と思うくらい・・・
彼らがデザインに関わっているので、よくあるタイプの
殺風景な仕上がりではありません。
高級ホテルのクオリティです。

さらに、その隣には、マジック・プレイスという
複合施設も建設されます。

いかがですか?

コテージのタイプは2種類。

部屋の数が異なります。

現在販売されているのは、上部のエリアのみですが、
あまり残ってはいないようです。
これが、重要なポイント
アメリカ国内以外で販売する場合、在庫が大量にある物件は
売れ残っているから、海外で販売する、要注意物件だからです。

右上の丸の部分が入り口。
左の方にある、一部ベージュ色の部分が、
レセプションやレストラン、フィットネスジム、
コンベンション施設もあるオフィスです。

他のグレイのエリアは、これから販売で、
2020年までにすべての販売が終了する予定だそうです。

場所・コンセプト・設計

全て、文句がありませんでしたが、
気になるのはひとつ。

ブッキング・ドットコムなどの予約サイトを利用して
予約を受け付けるそうですが、その際、
どう予約を振り分けるのか?と言う点です。

インテリアにはジャグジーなどのオプションがありますから、
オプションが多い方が人気かもしれませんし、
湖に向いている部屋の方が人気になりそうなので、
自分が購入した部屋にどう予約が入るのかは
あまりはっきりしません。
ですが、高いから埋まりやすいという訳でも
ないのが事実です。
ここは、販売会社が、

稼働率60%で計算しても、ネット利回り6%を確保

という実績を信じるしかありません。
現に、既にここ以外で2ユニット、合計200近いコテージを
販売して運用し、6%を上回る実績をあげています。

コテージのお値段は、

488,000~545,000US$

これに、室内の家具代・電化製品代の60,000US$
が、諸経費以外に必要です。
法人購入及びアメリカの金融機関のローンも可能です。

セミナーに参加して、私はかなり欲しくなりました。
どうしようかなぁ~~~~

では、今日も私のコラムをお読みいただき、
ありがとうございました。