こんばんは、サバイバル大家です。
いつもコラムを読んで頂き、ありがとうございます。

 

前回の続き(第9話)

尾崎と佐木(サンタメワン営業課長、営業)の責任逃れ発言に
全身からエネルギーを奪われるサバイバル大家

浦切(サンタメワン管理担当)のソフトな口調に
唯一の味方であると錯覚する

 

しかし

それは会社の手先としての罠に過ぎなかった

 

浦切は原状回復義務の負担について
会社関係者の過失に矛先を向けさせず

 

巧みにオーナー側へ押付ける

 

はっ、と我にかえるも動揺し傷つくサバイバル大家
浦切の容赦ない最後の手段の提案は

 

 

なんと

 

売却による損切り
(しかも売買で仲介手数料もとる往復ビンタ)

 

だった

 

 

会社の仲介不手際によるオーナーのトラブルすらも
仲介ビジネスに繋げようとする姿勢を見せたとき

サバイバル大家にMK5スイッチが入る(死語)

 

理不尽さと不義理さを猛烈に叱責
だが、浦切のスタンスは変わらない

 

サバイバル大家は絶望感と孤独感のなか
仮病による午後半休をとり傷ついた心身を休めようとする

しかし、、、

それは精神を追い詰める出来事のわずかなプロローグに過ぎなかった。

 

泣き面に蜂…ならぬ泣き面にサラリーマン上司

疲れる電話が終わった後
職場上司のもとに早退の相談にいく

 

児里(中小製造ナニワコーポ職場所長)

「おう、サバイバル大家どうしたんや?」

 

もう、ほんと一刻も早く帰宅して
布団でアホみたいに寝たい。

 

サバイバル大家

「…はい、実は午前中から少し体調が悪くて。
午後から半休でお休み頂けませんか?(貝になりたい)

 

ゴリラのような児里所長は厳しい目つきになり、
いつものお説教モードに変貌する

 

児里(中小製造ナニワコーポ職場所長)

「あのな、サバイバル大家。しんどい時こそ頑張るのが会社員やで?

あかん、あかん!

そんな風邪とか言ってるうちは甘いで!

まあ、お前も色々相談あるんやろ。

よっしゃ!

今日はワシも夕方からの予定は無いからな…」

 

 

う、あ。

 

今日の児里所長は暇モードオン。

な、なんか嫌な予感が。

 

児里(中小製造ナニワコーポ職場所長)

「よーし、じゃ午後は定時まで頑張れ。

定時でワシも上がるからな。

血中アルコール消毒しに行こか!

それで体調不良は一発回復や!ガハハ!」

 

ぐああ
最悪の結果があ

 

昭和の浪速上司・必殺

酒で血中アルコール消毒スキーム

 

それで

治るわけないやろが!

 

サバイバル大家

「ほ、ほんとですか!ありがとうございます!

ほんと行きたいっすねえ!

でも…今月は実は給料日までお財布が厳しくて。
またの機会で宜しくお願い致します!」

 

 

た、頼んます!

 

半休を夢みた私が悪うございました

 

これで引いてくれ!!(涙目)

 

 

即座に目をキッと凄んで
児里所長はニヤッと笑った

 

児里(中小製造ナニワコーポ職場所長)

「アホー!!なんや、そんなこと気にせんでええ。

奢りや!(ありがた迷惑)

これで営業数字が上がるんなら安いもんや!
よっしゃ!決まりやな!ガハハ!!

 

うわあ…
ダメだった

 

余計にダメージでかくしてもうた

 

1軒目だけでなく確実に2軒目のスナックフルコース
サバイバル大家は死亡フラグを覚悟した

クソ物件のババ抜き大会へ参戦決定

 

(…夜中の1時)

 

酔っ払った。

もう終電もなくなってしまった。
あまりお金を使いたくない。
けど仕方なくタクシーを止める。

 

サバイバル大家

「ああ、今日は本当につかれた。
ゆっくり考える時間が欲しかったけど、無理だったな…

明日、明後日はアポが入っているし休めない。
なんとか週末まで乗り切るしかないか」

 

タクシーの窓に流れる電灯の流れが、
まるで自分の人生が流れていくようだ

 

心が深く沈みこんで
精神的に追い込まれている自分を感じた。

 

 

(…数日後の週末)

 

 

なんとか、頭を麻痺させて週末まで乗り切った。
心配と不安で頭がいっぱいだった。

仕事に身が入らなかったことは否めないが
週末に見込みをつけて翌週挽回しようと思った

 

サバイバル大家

「よし、今日は自分を取り巻いている状況を一つずつ書き出してみよう。こういう時は紙に落とすのが一番だ」

 

 

良いこと、悪いことを
A4用紙にそれぞれ書き出す

 

 

【良いこと】

① 家族との仲が良くて、いつでも愚痴は聞いてくれる(父親以外)
② 恋人ができたばかりで、心の支えがある
③ 幸いにもクソ物件は満室で、今のところ家賃収入が途絶えない
④ 会社員は続けてるし、なんとか生活は大丈夫
⑤ クソ物件購入後に中古RCを追加購入できた

 

【悪いこと】

① カードリボとかまだ100万弱くらい残ってる
② 吉貝(クソ売主)はサイコ野郎
③ 尾崎と佐木(不動産サンタメワン営業課長、営業)は、過失をしらばっくれている
④ 浦切(サンタメワン管理担当)は、オーナーの味方でなく会社の手先

 

【どちらか不明】

① 宅地建物取引業法(第35条)違反が理解できてない
② そもそも、どのくらい原状回復費用がかかるのか不明
③ 法律的には自分は不利なのか有利なのかわからない
④ 実際にこのクソ物件はいま売るとプラスになるのかマイナスなのか

 

 

紙に書き出すと、すこし心が落ち着いたのがわかった。
結局、どんなトラブルも一つずつ良い状況を積み重ねるしかない

 

サバイバル大家

「うん、良いことはそのまま維持できるように頑張ろう。
悪いことは今より悪くさせず、より良くなる要素がないか考える。
どちらか不明は詳しく調べ、良いことに寄せれる可能性を考えよう」

 

やるべきタスクが見えてきた。

自分の中に僅かながら力が湧いてきたのを感じた。

 

サバイバル大家

「よし!まずは時間がかかりそうなものを先にやってみよう。
【どちらか不明④】の売却は、時間がかかりそうだな。

でも今より高く売れるという根拠だけでもわかると、
なんか大分安心できそうな気がする。」

 

提案した偽善者ぶった浦切の顔がよぎり、

嫌悪感が襲ってきたが…すぐに気持ちを切り替えた。

 

サバイバル大家

「いや、奴の言う通りに損きりするわけじゃない。今はより多くの

具体的な選択肢を増やす

ことが大事だ!売却は前向きに検討してみよう!査定とか依頼すればいいのかな」

 

覚悟が決まり

少し腹が据わった。

腹が据わったら

お腹も空いてきた。

 

よし!

戦の前に腹が減っては何とかだな

 

今日は大好きな釜あげスパゲッティ

すぱじろうのXL+ランチビール

で悩んだ自分にご褒美しちゃおう!

 

 

食欲が湧くくらいのエネルギーが湧いて
…よしっ!と、やる気が出たのも束の間。

この時はクソ物件が覚醒を果たすなんて思いもしなかった。

 

毎週月曜サバイバル大家、告知エンディング1、漫画

 

 

毎週月曜サバイバル大家、告知エンディング2、漫画

毎週月曜サバイバル大家