いきなりですが…

便器の下部から水が出てくる…

 

見苦しい写真ですみません。

先日入居者が決まった(身内所有の)部屋です。

契約前にひととおりチェックをしておこうと現地に行き、破封を防ぐために水栓やトイレの水を流すのですが…

トイレの水を流すと下の方からジワーっと水が…

・・・

げっ!

便器にヒビでも入ったか…

せっかくDIYで費用抑えたのに…

でもさすがに便器交換を自分でやるのは(時間も無いし)厳しいぞ…

ググったのですが原因は特定できず。

とりあえずどこから漏れてるのか確認する為に、飲みかけのコーヒーを注いで一日様子みることに。

(知恵袋で墨汁を使うという記載もありましたが、これでもいけるはずと…)

夜ネットで調べていくつかの可能性を考えながら、次の日の朝。

水(コーヒー入り)は減っておらず。。。

何度か流して観察していると原因が判明

後ろだったか・・・

さっそくパッキンを購入して、全体的に増し締めをしたら水漏れは止まりました。

やれやれ…

 

不動産屋さんに終了報告して、電車で帰ってる途中にメール着信。

不動産屋さんも最終チェックしてくれたのですが…

室内ドアのノブが壊れて開かなくなってます。至急対応お願いします。

えー!

ちょうど銀座近辺を通過中(東京メトロの24時間券を使ってました)だったのでそのまま豊洲へ直行。

油でもさしとけば直るんじゃん…

という甘い考えで556と鍵用潤滑剤を購入してUターン。

・・・

しっかりラッチが壊れてました。

・・・

しかも…

外れない。。。

ドアを塗装したのか分かりませんが塗料がベッタリ。

カッターでラッチ板の周りに何度も切り込みを入れつつ、ドライバーを穴に突っ込んで引っ張ること数十分。

ドアが壊れるのが先か、ラッチが外れるのが先か…という状況の中でようやく外れました。

・・・

塗料だけじゃなくて、ラッチに接着剤付いてましたわ…

こういう地味にきついトラップは止めて欲しいです。ホントに…

そして…

外したラッチですが、なかなか見ないタイプだったので、周辺のホームセンターや東○ハンズには置いてなかったはず。

再度豊洲に行き閉店間際に駆け込んで購入できました。

(品揃えチェックしといて良かった…)

その日に現場に行くと終電に間に合わないので、次の日の早朝に現場へ。

取り付け作業は10分もかからず終了しました。。。

なんとか契約前(不動産屋さんの営業時間前)に終わりました…

・・・

DIYの内容自体は大したことなくても…

原因を突き止めて、

使用する部材を手に入れ、

想定外のことにも(諦めずに)柔軟に対応する、

という過程がかなり大変なこともあります。

ふう。これで大丈夫かな。。。

帰りの電車、これでちょっと癒やされました…