いつもコラムをお読み頂きありがとうございます(^^)

 

あなたはマイホームを既に所有していますか?

 

私は今までたくさんの不動産投資家さんとお会いして来て思うのが

不動産投資家のマイホームに対する考えは普通の人と

ちょっと違うという事なんですよね。

 

普通の人であれば

広い庭があって、リビングが広くて、ウッドデッキがあって

などのように予算の範囲内で自分の理想とする物件を買いたい

 

または

ある程度の年収の方はステータスとしてタワーマンションに住んだり

誰もが知っている有名な土地にマイホームを所有したいなどと思うでしょう

 

しかし私がお会いしてきた不動産投資家の人が欲しがる物件は

そんな物件ではありません。

 

彼らの第一基準は

相場よりも安く物件を買う事

ココにまずフォーカスしている人が多いです

 

やはり「安く仕入れる」このマインドが染みついているんですね

なので「こんな家に住みたい」という自分の欲求よりも

相場よりも安く物件を買う事にフォーカスしている人が多いです

 

なので不動産投資家はマイホームを買う時にも

出口戦略を意識しています

不動産投資的な視点でマイホームを購入される方が多いんです

 

そして基本住宅ローンも負債と見なされるので

極力住宅ローンを使うのを嫌う方も多いですね

これはロバートキヨサキ氏の「金持ち父さん」の影響もあって

住宅ローンがある持ち家は負債

結構収入がある方でも意外と家にはお金をかけていない人が多いです

 

ただ私はそのような考え方でマイホームを買う事が

必ずしも正しいとは思っていません

 

なぜならそのように相場よりも安い物件という風に考えてしまうと

選べる物件が限られてしまうんです。

 

自分がずっと住み続けるマイホームくらいは

自分が理想とする家に住みたいと思いませんか?

 

不動産投資的な観念で物件を選んでしまうと

自分が住みたいような物件に住むことが難しくなります

 

自分が住みたい家に住んで充実した生活を送る事が出来れば

投資やビジネスでより高いパフォーマンスが出来て

逆に費用対効果は高いかもしれません

 

またセルフイメージという考え方もあります

これは例えば

芸人さんが「売れたい!」と思ったら今住んでいるボロアパートから

自分の給料に見合わないような賃料の高い物件に敢えて引っ越すのだそうです

 

そうすると「自分はこの物件に住めるくらいの人間だ!」という風に

セルフイメージが変わり(自分を勘違いさせて)

最終的にセルフイメージに自分が近づいていく事があるようです

「年収は住むところで決まる」という本があるくらいですからね

 

ただこれが効果ある人ない人はいると思います

成果を出せずにボロアパートに舞い戻った芸人もいたでしょう

 

なので

この話を信じるか信じないかはあなた次第(笑)ですが

このようなセルフイメージというのは結構大事だと思います

 

私も今年マイホームを購入しましたが結局自分が住みたい場所

住みたい仕様の家にしました。

 

なので田舎の割に結構費用は掛かってしまいましたが

ちゃっかり屋根にデカイ太陽光付けて売電収入を得ています

その辺は不動産投資家の習性かもしれませんね(笑)

 

最後までお読み頂きありがとうございました(^^)