不動産投資において「水栓」の交換や修理はよくあることですが、「サーモスタット」・「ツーハンドル混合水栓」など、よく聞きなれない言葉が登場します。

 

もしかしたら、リフォーム屋に任せきりという方もいるかもしませんが、この機会にしっかり理解しておきしょう。

 

 

こんにちは!『キク』です。

 

私は元々不動産売買の仲介業で働いていたにも関わらず、自身の所有物件の水栓リフォームや交換しようとした時に、どういった水栓を選べばよいのか(付く予定なのか)よく分かりませんでした。

 

ですので、一から勉強しないと「水栓」のことって詳しく知らない方がほとんどのはずです。

 

所有物件の水栓をDIYをするにしろ、リフォームをするにしろ、予め水栓の種類や特徴を押さえておくことは大切です。

 

 

単水栓or混合栓?壁付けor台付け?

 

水栓は大きく分けると、

 

・水又はお湯のどちらかが出る「単水栓」

・1つの蛇口から水とお湯両方出すことが出来る「混合水栓」

 

に分けることができます。

 

さらに取り付ける場所によって、

 

・壁に直接水栓を施工する「壁付け」

・台の上に水栓を施工する「台付け」

 

とに分けられます。

 

例えば、壁に付いていて、水しか出ないのであれば「壁付け単水栓」となります。

 

台から伸びていて、水もお湯も1つの蛇口から出るなら「台付け混合水栓」といった具合です。

 

それではもう少し、よく利用されている水栓ごとに分けて機能や用途、メリット・デメリットなどをご紹介していきます。

 

 

単水栓

 

単水栓とは水もしくはお湯の一方だけが出る水栓のことを言います。

 

水だけが出れば十分な、洗濯機への給水や、雨風を受け劣化しやすい屋外の水栓に利用されることが多いです。

 

また、単水栓は安く施工・交換出来るのがメリットになります。

 

取り替えも一番簡単ですので、ご自身でDIYにチャレンジしてみるのもおすすめです。

 

逆にその分、機能が限定的なのがデメリットと言えます。

 

 

ツーハンドル混合水栓

 

ツーハンドル混合水栓とは水とお湯それぞれのハンドルを利用して温度調整する混合水栓のことを指します。

 

浴室・キッチン・洗面台と様々な場面で昔から使われています。

 

シングルレバーよりは本体代金も安い場合が多く、メンテナンス性にも優れているのがメリットです。

 

ただ、温度調整の際にハンドルを2つ操作しなければならず、少々面倒な点がデメリットと言えます。

 

 

シングルレバー混合水栓

 

シングルレバー混合水栓とは1つのレバーハンドルで吐水量と温度を調節できる混合水栓のことを言います。

 

 

一回の操作で、水量から温度調整までできますので、簡単に扱えるのがメリットです。

 

とても便利な為、キッチンや洗面台などによく利用されています。

 

そんな便利なシングルレバー混合水栓ですが、カートリッジが内蔵されていたりと構造が少し複雑になるため、本体代金が高価になります。

 

また、壊れやすく、修理・交換費用もかさみがちなのがデメリットとなります。

 

 

サーモスタット混合水栓

 

サーモスタット混合水栓とは温度調整ハンドル付いていて、自動温度調節機能により、一定の温度に保つことのできる混合水栓のことを言います。

 

お風呂でシャワーなどを利用している際に、ふいにレバーを触ってしまったり、操作を誤った結果、急にお湯の温度が高くなったりするとやけど等の危険あります。

 

そんな時にサーモスタット混合水栓であれば、温度を一定に保つことが出来るメリットを活かし、安心・安全に利用することができます。

 

ですので、浴室で利用されることが多い(ほとんど)です。

 

ただし、サーモスタット混合水栓もカートリッジが内蔵されていたりと構造が少し複雑になるため、本体代金が高価になります。

 

同じく、壊れやすい、修理・交換費用もかさみがちなのがデメリットとなります。

 

 

まとめ 特徴ごとに適切な交換を!

 

水栓の全てをご紹介出来たわけではありませんが、住居用で使われるものだけでも、多くの種類が存在します。

 

それぞれの水栓の特徴を理解して、適切なリフォーム・交換を行いましょう。

 

次回は空室対策にもおすすめな水栓・リフォーム例をご紹介します!