50代から不動産賃貸業を始めた、

会計士大家です。こんにちわ。

10月も後半に入りました。

明後日の「宅建士試験」(3回目)に向けて、

最終の準備態勢に入っております。

そんな中ではありますが、

お引越をしたい、と思い立ちまして。

勤務先は、自宅からは

通って通えない距離ではないものの、

一日のうち

6時間を電車内で過ごす生活は、

毎日は続けられそうもありませんで、

勤務先のご配慮で、単身赴任部屋を

格安で借りております。

実は、きょうが入社記念日で

勤続●年。

退職金の受給資格もできました(微笑)

自分へのごほうび、と言うわけでもありませんが、

ここで単身赴任部屋の「場所換え」を

して、気分も勤労意欲も一新しよう!

ということで、

お部屋探しをこの数日間、しておりました。

「寝るだけ」の部屋だから・・・

と最初は考えていたので、

■勤務先から徒歩数分圏内で、

■駐車場あり

■家賃は安ければ尚可(@3万円程度)

で探してみました。

今回お部屋探しをしてみて

初めて気付いたことは、

アパートがやたらと多い(供給過剰)

■築30年以上のもの多い

■しかも、勤務先至近の部屋は「敷2」ばかり

■JC●MのカンバンがあるAPばかり(差別化になっていない)

横浜あたりで

「0:0」のお部屋の大家を

やっている者としては、

かなり強気な条件設定で、

そりゃあ、

空室なのも仕方ないんでないかい?

と思いました。

初期投資(敷2、前家賃1+α、保証料、仲介手数料)

を考えると、

まとまった出費になりますね。

かつ、いままでのお部屋は家電家具つきでしたが、

新しい部屋はなし、なので、

家具家電、カーテンの予算も

確保せねばならぬ身としては

敷金の出費は惜しい・・・

お部屋の下見をしてみた。

ユニットバスもOK

(出張でよく使う東●インでおなじみだし)と思って

下見をしてみましたが、

住むお部屋で、それはムリ、

と感じてしまった私。

50を過ぎて、嗜好がぜいたくになったのかも。

勤務先至近をあきらめ、選択肢を拡げてみた

徒歩通勤をあきらめ、

クルマでもいま(通勤30分)より

格段に近くて、敷0の物件がないか、

探してみましたら、

■1LDK

■敷ゼロ

■駐車場つき

のお部屋を探すことに成功。

■バストイレ別

■ガスコンロも3口あり、

とかな~り立派なお部屋。

その割にお家賃は、

いままでのお部屋より@1万安。

総括

1 通勤時間が20分短縮され、

2 お家賃負担も軽減

3 その代わり、家具家電投資で約20万、要出費

ということで、

今月最終週に単身赴任先のお引越、予定です。

お引越は、何かとお金がかかるもの。

やっぱり初期投資は、

少ないにこしたことはないですね。

P.S.新しいお部屋にもJC●Mがあるので、

いままで以上にテレビっ子になりそう。。。