賃貸物件の自主管理と言っても、客付けは賃貸仲介に任せている方が多いと思っています。ただ、賃貸仲介側の営業担当とのやり取りも、何とかならないかと思うときはありませんか?

 

 ネットで部屋探し

 最近では、入居者希望者も、他の業界同様、大手の検索サイトで部屋探しをして、そこから、目的の部屋近くの店舗を訪問することが多くなっていると思います(少なくともこちらはそうです)。

 

 したがって、賃貸仲介にとっては、これら検索サイトに、部屋毎に店舗が掲載されるように登録しておくことが重要です。この店舗の表示の順番も掲載料に左右されるので大手の賃貸仲介ほど客付けは有利と言えます。

 このため、なかなか部屋が埋まらない時は、やはり大手の賃貸仲介の営業担当にお願いすることになります。

 

 こちらも側としては、賃貸人としてはネット検索に必要な見栄えの良い写真を提供したり、退去後の部屋の情報をいち早く知らせることが資料を提供したりして、客付けに協力するぐらいなら、喜んでしています。

 

どこよりも安い! 

 ただ、大手の賃貸仲介は、「どこよりも安い家賃になるようにオーナーと交渉します。」的なことを売りにすることが多いので、こちらは複雑な気分。

 そこのホームページを見ると、営業担当毎に、ニコッとしたスマイル写真と自己アピールコメントとが載っているのですが、どの営業担当の欄にも「どこよりも安い家賃」で大家さんと交渉と書いています。

 

 これって、目先はオーナー側の負担となるだけで済みます。しかし時々思うのは、いつも値下げ交渉から入るのは、広告料(家賃に応じて増減)を減らすことになる上に、いずれ賃貸マーケットの低迷を加速させるだけじゃないかなと。

 

 ともかく、その賃貸仲介からの入居申し込みには必ず家賃値下げ交渉が付いてくるので、こちらとしても避けたいところ。

 

 しかし、他からの入居申し込みがないときは(例えば、繁忙期を逃すと、長い間、空室のままになる確率がグッと増えるようなケースですね。)、ちょっとしたお土産とばかり、「少しだけなら下げるよ。」と回答。下げ率はかなり気を使います。相手側は、一旦下げた家賃をいつまでも覚えていて、次の入居において、その自分が下げた家賃の交渉を忘れたように、さらに値下げ交渉をする強者ばかりですから。

 

 そこで、一言「家賃交渉もいいけど、広告料をもっと上げるから頑張ってくれないかな?」と言うことにしています。ただでさえ広告料まで払うのにその上、さらに上乗せするのも困りますが、家賃の値下げはずっと響きますから。その回答は「それはうれしいんですけど、もうお客さんも他の部屋と迷ってるんで、もう家賃の値下げについて言っちゃてるんですよ。」。

 

 こういったやり取りはこれからも続くのでしょうが、たまには中古物件と言っても、「家賃上げときましたよ!」とのセリフを聞きたいなと思います。

 次回もよろしくお願いします。