こんにちは。

 

今回のテーマは、大家さんなら必ず必要な火災保険。その特約(オプション)について、大家さんにとってのメリットを綴ります。

 

施設賠償責任保険

以前のコラムで「火災保険の闇」として、施設賠償責任保険については、書かせて頂きました。

この保険も、特約としても加入することができ、少ない保険料で大きな補償がある、メリットの大きい特約です。

大家さんの建物や設備の瑕疵(欠陥、不備)が原因で、人にケガを負わせたり、物を壊したりしたときに生じる損害賠償責任を最大3億円〜5億円補償する保険です。

この保険は、大家さんには、ぜひとも、加入すべき保険だと思います。

 

家賃補償保険

火事や水災、死亡など予期せぬ事故によって、部屋が貸せなくなったときに、使うことのできる保険です。

毎月のローン返済比率の高い人ほど、一部屋の家賃が入ってこない影響を受けやすいので、加入しておくべきでしょう。

また、サブリース契約の方も、部屋が貸せない状態の場合は、その部屋は支払い家賃分から除外されますので、加入を考える必要は、あります。

 

家主費用保険

孤独死や自殺など貸室内で起こった死亡事故によって発生する、空室期間や家賃を値引きした場合の値引き分の補填、清掃、特殊消臭、現状回復費用、遺品整理費用などが補償されます。

こちらも保険料は、高くありませんので、検討の余地はありそうです。

ただ、滅多にあることではないですし、入居者の家賃保証に組み込まれている場合も多いので、確認が必要です。

二重で加入する必要はありませんので、気をつけてください。

 

地震保険

火災保険では補償されない、地震や噴火などが原因の火災、損壊、津波被害をカバーしてくれる保険です。

近年は、地震被害が増えているために、保険料の値上げが続いています。

保険料は、決して安くない分、慎重に検討したいものです。

 

火災保険は、自動車保険と違い、何回使用しても、保険料は上がりません。

また、アパート、マンションの立地条件によって、水災などが起こらない地域の場合は、水災補償を外すことで、大幅に保険料を下げることができます。

私自身も、水災の起こる地域ではないので、水災補償を外し、代わりに施設賠償責任保険や家賃補償保険などの特約を付けています。

それでも、通常よりも保険料を抑えることができています。

現在は、火災保険は、オーダーメイドで必要な補償のみを選ぶことができますので、所有物件に合わせたオリジナルの保険を作ることをオススメします。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます😊