おはようございます。地主の婿養子大家です。

 

今日のテーマは『全てのコンサル大家・大家の会・セミナーが悪ではない!』です。

どこでもそうですが、一般的にこういったコラムなどはセンセーショナルなものが読者に喜ばれる傾向にあります。

なので昨日はあえてその傾向に乗っかって書きました。

私にしてはかなり過激的なコラムを書いてしまいました。自身の経験を書く場である実践コラムで憶測の内容を書く事は褒められたものではないとも自覚しております。

 

今日は、

昨日のコラムで言い忘れていることを書こうと思います。

 

まずは、

全てのコンサル大家・大家の会・セミナーが悪ではありません。

これは断定します。

私の知っている人でもそうでないと信じたい人がいます。(まだコラムニストになって間もなく数人しか知りませんが)

本当に他人の為に貴重な時間や労力を割いて献身的にサポートする人もこの世の中にはいると思っています。その方々は、ここでちょこちょことコラムを書いている私なんかよりもよっぽど人の為になることをされていると思っています。

だから、本気でそういった活動をしている人の足を引っ張るようなことは、私はしたくありません。そして、本物の邪魔になるようなことを発信したつもりは一切ありません。

私に相談メールをしたことがある人は既にご存知でしょうが、私はコンサルや助言アドバイスは出来ません。私ならきっと力になってくれるだろうと、期待に胸を膨らませてメールしたのにがっかりした人もいるでしょう。

でも、

本当のメンターとして、初心者の力になっている人もいると思います。有料であろうが、無料であろうがです。正直、無料で相談に乗るという行為は割りに合いません。それは、相談者の本気度に関わってきたり一人で対応するにも限界があるからでしょう。

もともとニーズがあるから成り立つということもできます。

でも、

逆に、コンサル大家さんやセミナー大家さんに質問します。

昨日の私のコラムを読んで迷惑だと思いましたか?

あなたが迷惑と感じるならば、あなたは自分の為にコンサルやセミナーをやっているだけで、それを自分自身に正当化している部分があるのではないかと思います。

本物の人はどう思うのでしょうか?

もし仮に読んでいても、罪悪感が全くないから何も感じないか、自分自身を戒め、自問自答するのではないかと思います。自分は誰の為に、セミナーやコンサルをしているのか?

私の知る中では、

セミナー講師をしたことがあるのに、コメントをくれた人が一人だけいました。

後ろめたくないからでしょう。

登壇する時に、いつも自問自答されるのでしょう。

私の定義する真のコンサルやメンターとはそういう人のことだと思っています。

でも、高額大家の会や、高額大家塾の主催者は果たして真のコンサルやメンターなのでしょうか?

人を導くのに、大金は必要なのでしょうか?

大家の会や大家塾は、

大家が大家として勉強する為、自己研鑽する為に存在するものだと思います。

運営費用だけで良いのに、あまりあるその会費をもらうのは誰なんでしょうか?

新規会員を紹介したら紹介者に紹介料が入るのでしょうか?

それは、ネットワークビジネスやマルチ商法と同じだと思います。

創設者や幹部が儲けるシステムになっていませんか?

 

まだ少し早いですが、来年はきっと不動産投資家を取り巻く環境は厳しいでしょう。

厳しい状況に陥る投資家もいるかも知れません。

購入も出来ず、売却も出来ない。でも、賃貸情勢はドンドン困難を極める。そんな中でも、歯を食いしばって頑張っている大家さんを知っています。ここにもいます。皆さんも知っているはず。そして、10年前は私もそうでした。

そんな中、

あなたはどうですか?

他人を騙さないでほしい

なにより

自分を偽らないでほしい

そう思います。

以上

 

地主の婿養子大家