こんばんは、かっちんです。

昨日のコラムである管理会社から100万円以上の見積もりが出た部屋のリフォームを20万円程度ですませたという話をしました。

少し反響を頂きましたので、過去のコラムでも触れている内容ではありますが、あらためてどうしてそこまで下げることができたかをお話しさせていただきます。

まず、要らない設備はつけない。

よくあるのが、要らない設備を付けるよう提案してくるパターンです。

家賃4万円程度で募集を考えている物件なのに、やたらと豪華な設備を提案してくる管理会社があります。

「入居者があったら嬉しいと感じる設備ランキング」なんかを持ち出して・・・。

そりゃ、無いよりあるにこしたことはありませんが、値段相応ってこともあるでしょ!と言いたくなります。400円の牛丼の牛肉を松阪牛にしろ的な感じですね。

交換の必要はある?

エアコンとか給湯器とかやたらと交換したがります。ひどい場合は室内配管を取り替えろとか・・・。

理由を聞くと「入居があった後だとたいへんなので念のため」だと。

「念のため」で何十万円も払えますか!?

こんなのは、壊れてからで十分でしょう。

また、鉄部や木部も交換となると莫大な費用が発生しますが、塗装で誤魔化せるなら誤魔化してしまいましょう。しっかりとそうすればそれなりに見栄えがします。

単価と数量に注意!

壁紙一つとっても単価はバラバラです。僕が一番たくさんお願いしている管理会社の単価は600円/㎡です。しかも、相見積してもらった時には、元の管理会社よりも数量、つまり延べ面積が少なかった!

これについて、理由を聞いたところ、他社はロスを見越して多めに平米数を見積もる傾向にあるのだとか

当初の管理会社の見積もりより、劇的にコストダウンできました。

伝家の宝刀「プロパンガス」

プロパンガスについては良し悪ありますので、一概にお勧めはできませんが、初期投資を抑えるならかなり有効です。交渉次第では、水回りやエアコンなど、かなりの部分をサービスでリフォームしてもらえます

残置物処理は専門業者に

残置物がある部屋もありました。管理会社見積もりでは、この処分だけで何十万円もありました。ためしにリサイクルショップにお願いしたところ、わずか数万円ですべて引き取ってくれました

 

このように、小さな節約を複合的に組み合わせていった結果、劇的に安くリフォームを完成することができました。

また、余談ですが、この時にリフォームを担当してくれた管理会社は、「これから長い付き合いになるし、試しに1部屋無料でリフォームしてあげるよ」と夢のようなことをおっしゃって頂き、なんと本当に1部屋無料でリフォームしてくれました。

リフォーム屋さんから管理会社を起こした企業ならではの離れ業ですね。

まだまだ工夫の余地があったかもしれません。間違っても管理会社に良いなりにならないよう気を付けましょう。