お部屋の臭いが解消出来ないと天井ボード張替えも視野に?既に入居申し込みが入っているので後に引けない…

 

皆さんこんにちは、地方在住大家のゆたちゃんです。

 

※先回に引き続き今回もユニットバス天井裏での消臭の為の清掃作業の様子をコラムにしたものですが、

画像の一部に気分を害する恐れが有るものが含まれておりますので、

心配な方は読むのをお止め下さい。

 

さて、悪臭を発する元を見つけたので次は清掃作業を行ったのですが、

浴室換気用のアルミ製のダクト内は鳥の巣の臭い(かなり強烈でネズミの糞よりも臭いが強い)が残留していてそのまま取り付けても浴室内に臭いが出てきてしまうのと、

鳥の雛の糞で小さな腐食のよる穴が多数ある事が分かり、

新品のアルミのダクトに交換しました。

 

他にもネズミが住んでいたと思われる場所には黒い汚れがこびり付いており、

拭き掃除をして清掃後、消臭の為の台所用漂白剤を噴霧してみました。

 

清掃前のユニットバス天井裏です

 

拭き掃除を行った後の様子です

 

ふき取り処理が出来なかった木部を中心に台所用漂白剤を噴霧

 

壁紙貼りを行っている内装業者さんに部屋の臭いを確認して頂いたところ、

部屋の悪臭が以前よりもかなり収まったとの事でしたので、

これで壁紙貼り作業を行うぎりぎりまでお部屋の換気等を行って、

入居者さんが安心して住んで頂く事ができるお部屋に仕上げようと思っています。

 

この部屋は先月、お客様のお部屋の内見時に、

まだ内装が仕上がっていない部屋であったにも関わらず、

お部屋の窓が3方向にある事から開放感があるとの事で入居申し込みが入り、

慌ててお部屋の内装を開始する事になったのですが、

内装業者さんからお部屋の中が臭うとの指摘があって、

臭いの発生源を徹底的に調べて対策を行ったのでした。

 

お部屋の臭いの感じ方には個人差があり、

もしも入居者さんが入居後に臭いのトラブルが発生すると、

臭いを解消するのが大変になってしまったり、

入居者さんの退去につながりかねない問題であるかと思いますので、

なるべく臭いに敏感な方にもお部屋のリフォーム前に確認して頂き、

問題が無い事を確認しておくのが良いかと思います。

 

過去に問題のあったお部屋はリフォームにも本当に気を使いますね。

 

ここまでお読み頂きありがとうございました。