こんにちは、元資産税課職員KSです。

DIYは引き続きクロス張りに苦労しています。
6~8日目としては2歩進んで1歩戻るぐらいの感覚で作業が進みました。

そんな状態だと心が折れそうになるので、他の作業を混ぜています。
クロス以外はDIYだと時間対効果が高いものはいくつかありましたのでその一部を紹介します。
DIYをほとんどやらない場合でも何かのついでに行った時にできるとよさそうです。

クロス張りの進捗

5日目の失敗を踏まえて、下地調整をやり直し、さらには足りていないところはないかと見直すところから始めました。
そして友人2人が手伝いに来てくれたので一緒に作業したらまた失敗しました・・・。

・6日目

クロス関係では下地調整をやりました。
裏紙の浮きがある部分を太陽の光やスマホのライト機能を使いながら念入りに探しては剥がし、パテ埋めをするということをやりました。

・7日目

友人2人が手伝いに来てくれたのですが、2人共クロス張り未経験だったため教えながらの作業でした。
まずは自分がやってみせて、こんな感じでやってみてとお願いしました。

結果、友人たちも自分が始めてやった時と同じように失敗し、張った壁紙を剥がしたことによって再度その部分が下地調整が必要になるという手戻りが発生しました。
友人達が悪いのではなく下地調整が不十分だったのが悪いんですけどね。

結局この日は3人もいて壁2面分しか進みませんでした。

・8日目

7日目に失敗してクロスを剥がした部分は再度パテ埋めが必要な状態になっていたのでパテ埋めをし、新たに下地調整が必要な部分が見えてきたので追加で下地調整も行いました。

完全に心が折れそうになっていますた、だいたいこのあたりで裏紙の浮きに関しては見分け方のコツをつかんできていました。
注意が必要な部分として過去にパテ埋めされていた部分は裏紙が浮きやすくなっているということを実感し、その部分を重点的に見ること今まで見つけられなかった裏紙の浮きを見つけられました。

洗濯機用水栓の交換

洗濯機用の水栓が万能ホーム水栓という種類のものだったので、そのままでは直接洗濯機が取り付けられない状態でした。
対応として、水栓を根元からから換えるか、先っぽだけニップルをつけるかが必要です。

選んだのは安くて簡単なニップルです。
ニップルの中でも4つネジの簡易的なものとか、ストッパー有り無し(給水ホースが抜けた時に自動的に給水が止まるかどうか)とかありましたが、4つネジではなくストッパー有りのものでもそんなに高くはありませんでした。

先っぽの継ぎ目の部分をモンキーレンチで回してとり、

パッキンを換え、

買ってきたニップルをとりつけるだけの簡単な作業です。

税抜きで4,400円の業者見積だったものが、部品代としては税抜き1,180円でした。
モンキーレンチで継ぎ目のところを回してとって新しいものに交換するだけの簡単な作業で、ほんの数分で終わりました。
これだをやりに行くとしたら非効率ですけど、何かのついでにこれをやれるなら非常にコスパのいい作業でした。

風呂場の鍵交換

風呂場の鍵がうまく閉まらない状態になっていたので交換する必要がありました。
寸法を測って、ホームセンターで買えばいいと思っていたら少し失敗しました。

これぐらいのサイズで良さそうというものがみつからずホームセンターめぐりをして3店舗目で見つけたものを買って実際につけようとしたら微妙にサイズがあいませんでした・・・。

あらためて外した鍵に何やら型番のようなものが書かれていたのでそれをネットで調べたら現行品は販売されていないが後継品はあるということで、今度は失敗しないようにその後継品をネットでぽちっとして買いました。

こんな感じのものが、

こんな感じとなりました。

業者見積は税抜き8,800円と高かったのは現行品がないからかもしれないと後になって思いましたが、ホームセンターで買ってサイズが合わなかったのが税抜き1,280円、ネットで買った現行品の後継品が送料込で2,610円でした。
交換作業自体はこれも数分で終わる程度のもので、失敗込でもコスパのいい作業でした。

 

教訓

部品交換をする際は、型番とかでちゃんと仕様を調べてから交換部品を買うこと。
実は鍵とともに1つだけ買ってみたコンセントプレートでも後日取り付けてみてやらかしていたことが判明しました。